PHPプログラマーの魅力と人材ニーズとは

PHPプログラマーの魅力と人材ニーズとは

これからエンジニアを目指す人にとって、学んでおくべきプログラミング言語にはどのようなものがあるのでしょうか? 有名で人気の高いものに、JavaやC言語、Perlなどがありますが、一方、非エンジニアの人でも比較的学びやすいとされるPHPには、どのような魅力があるのでしょうか?
単にフォームや掲示板を作るだけにとどまらない、PHPの優れた特徴と、業界における需要についてみていきましょう。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

PHPとは

PHPとは、PHP: Hypertext Preprocessorの略で、動的なWebページを作成するためのプログラミング言語です。HTMLに組み込んで使うことができるのが特徴で、初めての登場は古く、1995年にさかのぼります。

Webサイトには、更新がない限りは常に同じ情報を表示する「静的ページ」と、閲覧者が何らかのアクションを起こすことでページの内容が変化する「動的ページ」の二種類があります。
動的なページのイメージとしては、閲覧者がコメントを残すことでページの内容が変化する掲示板やブログ、ECサイトなどを想像してください。 Webページに閲覧者が参加できることで、交流が生まれ、Webページをより面白いものに、あるいは有意義なものに変えていくことができます。

PHPとCGIの違い

動的ページを作る代表的な手法に、PHPもしくはCGIを使う方法があります。
CGIとはCommon Gateway Interfaceの略で、プログラムをWebサーバーの外部で起動させ、その出力をクライアントに送信させる方式です。 Perlという言語で書かれていることが多く、掲示板やチャットなどの仕組みを作るために、Webが普及し始めた初期の頃から使われてきました。

CGIはWebサーバーの外部プログラムのため、クライアントからのリクエストのたびに、新たにプログラムを起動します。そのため、CPUやメモリに負荷がかかってしまい、サーバーに負担がかかります。

これに対し、PHPはリクエストのたびにプログラムを起動することはないため、サーバーに負担がかかりにくく、CGIに比べると処理速度が速くなります。

処理速度を重視するのであればPHPを、サーバーのバージョンの互換性や移植性などを重視するのであればCGIを使用するのが良いでしょう。

企業で広く使われているPHP

閲覧者が入力したデータを処理することが得意なPHPは、閲覧者がメッセージを書いて送信するメールフォームや、電子掲示板、通販サイトのショッピングカートなど、ビジネスサイトに幅広く使われています。
具体的には、Facebookや、Yahoo! JAPAN、GREEのWebサイトにもPHPが使われています。

PHPは習得が比較的容易な言語とされているためか、簡単なフォームなどを作成するための初歩的な言語と認識されがちですが、実は簡単なものから複雑なものまで、様々な動的ページを作成するのに適しているのです。

見のがせないWordPressの人気

WordPressとは、オープンソースで提供されている無料のソフトウェアで、これを用いれば専門知識がなくても誰でも簡単にブログを作成・管理できます。 その利便性と、SEO対策の点でも優れていることなどから、WordPressは世界的に普及しており、2015年には、全世界のWebサイトの25%がWordPressで作成されていることが判明しています。

このWordPressで使用されている言語がPHPなのです。 PHPを学べば、WordPressのカスタマイズが可能になり、保守・管理も行えるようになります。

PHPエンジニアの需要

PHPエンジニアは増えていますが、それでもまだまだ人材の需要が高く、供給が追い付いていないのが現状です。 主な需要としては「Web系」「コンテンツプロバイダー系」などがありますが、とくにWeb系からの需要が高く、Webサイト制作やアプリ開発など様々なシーンでの活躍が期待されています。

また、最近のWeb広告の傾向として、SNSを利用しユーザーと企業が交流する形式が注目されています。 今後も引き続き、ユーザーが動的に参加するWebサイト作成への需要が高まっていくことでしょう。
PHPは交流型サイトの作成に不可欠な言語といえます。今後もますますの活躍が期待される言語のため、ぜひ習得することをオススメします。