PHP初心者のためのオススメ勉強方法

PHP初心者のためのオススメ勉強方法

Webアプリケーション開発に特化しているプログラミング言語、PHPは、プログラマーはもちろん、Webデザイナーにとっても習得しておきたいスキルの1つです。特に、世界中でトップシェアを誇るコンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPressも、使いこなすためにはPHPの知識が必要です。

PHPは、プログラミング言語の中では比較的習得しやすいと言われていますが、そうはいっても初心者には敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃいます。
そこで、本日はPHP初心者の方のために、PHPをマスターするためのオススメの勉強方法をご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

PHP習得のためのテクニック

PHPは、「よく使われるプログラミング言語の中では比較的易しい」と言われています。
「よし、それなら私でもできるかも?!」と息巻いて本を買い、独学で勉強をはじめると、「なにこれ、難しい...」と感じるかも知れません。
そんな時は、次に紹介する項目を重点的に勉強しましょう。

テクニック(1) 「配列」の理解を深める

PHP習得に際して重要なのは、配列への理解です。 SQLでデータベースの情報を要求すると連想配列で結果が返ってきますので、そもそも連想配列の意味が分からないと、PHPとデータベースを使った大規模なプログラムを構築することはできません。
ところが、参考書による独学の場合、配列は特にわかりにくいポイントでもあります。 PHPの入門書は多数ありますが、配列について、特にその重要性、配列への理解を深めるために、かみ砕いてわかりやすく解説している書籍というのはなかなか見当たらないのです。

テクニック(2)「三つの構文」をマスターする

PHPの構文には数多くのものがありますが、「if文」「foreach文」「for文」の三つが特に重要で、基本となります。 この三つの構文をきちんと理解できれば、基本的なWebサイトのプログラムを作ることができます。

PHPは独学で習得できるか

他のプログラミング言語を既に習得済みの方や、特にプログラミングの適性が高い方なら、完全な独学も可能でしょう。 しかし通常は、プログラミングの考え方から独学で習得するのは、苦労したり、間違った考え方で覚えてしまう可能性が高いのです。また、セキュリティ対策など、現場で必要とされる考え方は、以外にも書籍に頼ると紹介されていないことがほとんどです。 従って、PHPを仕事で使えるレベルになるまで学ぶには、プログラミング知識のある人に習う方が賢明です。

最もよい手段は、Webスクールに行ってPHPの講座をとることです。 なぜかと言うと、プログラミングスキルの有無と、そのスキルを初心者にもわかりやすく教える技術というのは別物だからです。 通学制のスクールならば、プログラミング言語を初心者に教える経験を積んだプロが指導します。また、同じく初心者からスタートする仲間も大勢いますから、安心して基礎中の基礎から教わることができます。

まとめ

参考書を読んだだけではわかりにくいプログラミングの考え方やベースの知識は、通学制のスクールに通って直接現場で経験を積んだインストラクターから学ぶ事で、効率よくスキルを習得することができます。

インターネット・アカデミーの「PHP講座」では、 PHPの基本文法から、データベースと連携させた顧客管理システムの作成、セキュリティ対策やWordPressのカスタマイズなど、現場で役立つ実践的なスキルを併せて習得することができます。
Web業界を志すなら、PHPを正しい知識で学び、現場で使えるレベルまでマスターすることで、将来のキャリアアップにつながります。ぜひ一度、無料体験レッスンで勉強してみませんか?
お問い合わせをお待ちしています。