今資格を取るならITスキル標準に登録された「PHP技術者認定試験」

今資格を取るならITスキル標準に登録された「PHP技術者認定試験」

PHP技術者認定機構が運営しているPHP技術者認定試験が、ITスキル標準(ITSS)に登録されました!

ITスキル標準というのは、経済産業省所管の独立行政法人であるIPAが定める、ITスキルの業界標準の指標(ものさし)です。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

「ITスキル標準(ITSS)」とは

ITスキル標準の特徴は次のとおり。

  • 情報サービス産業が対象、ユーザー企業でも応用可能
  • 職種を11に分類し、さらに35専門分野に細分化
  • 個人の能力や実績に基づく7段階のレベルを規定
  • レベルは、「経験と実績」の達成度指標で評価
  • キャリアとそのために備えるべきスキルを定義
  • 参照モデル(自社で必要な部分だけを使用可)として活用
  • レベル評価手段として情報処理技術者試験を活用(レベル1 ~ 4)

「ITスキル標準はやわかり」-人材育成への活用-(V3 2011対応版 PDF形式)より

総合的な「実務能力」に主眼をおいて定義されているITスキル標準に、PHP技術者認定試験が加わったということは、それだけ同試験がPHPの実務能力の証明になったということでもあります。 ITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」であるITSSは、企業が組織力強化、人材育成などでも活用されています。

ITSSに登録されたPHP技術者認定試験の魅力

PHP技術者認定試験は、今月、新たに「ITスキル標準(ITSS)のキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップ Ver10r1」に掲載されました。 試験におけるレベル対応は次のとおりです。

  • PHP技術者認定上級試験 レベル3
  • PHP技術者認定準上級試験 レベル2
  • PHP技術者認定試験 初級試験 レベル1

インターネット・アカデミーで提供しているPHP講座は、PHP技術者認定試験に対応しているばかりか、講師がPHP技術者認定機構の公式教科書を執筆しています!
(もうひとつアピールしますと、IPAのサイトはインターネット・アカデミーのグループ企業であるITRAが制作しました。参照:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) | 制作実績 | ITRA) だからこそ、今回のITSS登録はスタッフ一同、とても喜ばしく思っています!

ぜひぜひ、この機会に、デザイナーからもプログラマーからも支持のあるPHP技術者認定試験を受験してみませんか!? 受験に迷ったら、インストラクターまでぜひお問い合わせくださいね♪