Webクリエイターにオススメのプログラミング言語・PHPとは

Webクリエイターにオススメのプログラミング言語・PHPとは

自分だけのWebサイトを作リ始めると、こんな機能を追加したいとどんどん欲が出てきますよね。 情報を発信する目的のブログやホームページももちろんいいのですが、いろいろ知識がついてくると、掲示板を作って交流するなど、一歩レベルアップしたインタラクティブなサイトを作ってみたくなるものです。

そうすると必要になるのが、プログラミング言語の知識。数多あるプログラミング言語の中でも、シンプルで学習しやすく、入門にぴったりな言語がPHPです。 今回は、PHP言語の基本とその魅力についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

静的なホームページと動的なホームページ

Webサイトには、動的なページと静的なページがあります。

・静的なページとは

静的なページとは、その名の通り動かないWebページを指します。 更新しない限りは、誰が見ても、いつ見ても、同じ内容が表示され続けます。

・動的なページの場合

それに対し、動的なWebページの場合、ユーザーによって、もしくは表示するタイミングや状況、ユーザーのアクションなど様々な要素に応じて表示の内容を変えることができるページを指します。 このような動的なWebページを作るには、PHPなどのプログラミング言語を用いる必要があります。

PHPとは

PHPは、Hypertext Preprocessorの略語で、クライアントからの入力を受け取って動的にホームページを生成できるプログラミング言語の一種です。 PHPは文法がシンプルで使いやすく、プログラムを学習する際の最初の言語として好適です。
また、Webページの生成やWebアプリケーション開発に特化していること、データベースとの連携が簡単であることなどからも、WebデザイナーやコーダーといったWebプログラマー以外の職種の人がスキルアップ目的で学びやすい言語でもあります。

サーバーサイドスクリプトとしてのPHPの魅力

プログラム言語(スクリプト)は、大別すると2種類に分けられます。 クライアント側のブラウザでプログラムを実行する言語は、クライアントサイドスクリプトと呼ばれます。 たとえば、JavaScriptがクライアントサイドスクリプトに当たります。

一方、サーバー内で処理結果をクライアント側に返すのがサーバーサイドスクリプトです。PHPはこのサーバーサイドスクリプトに当たります。 クライアントサイドスクリプトの場合、ユーザーが使っているブラウザの種類やバージョン、環境設定により、スクリプトの結果がうまく表示されない場合がありますが、サーバーサイドスクリプトにはそのような問題は生じません。

PHPでできること

PHPは何といっても、HTMLと共存することができる言語。 そのため、ホームページを作る際にHTMLの中にPHPのスクリプトを書きこむことができるのが魅力です。 そんなPHPを使うと、Webサイトに下記のような機能を追加することができるようになります。

  • ショッピングカート
  • ブログ機能
  • アクセスカウンタ
  • 会員専用ページの設置
  • 掲示板
  • etc...

ユーザーとコミュニケーションを取るようなWebサイトを作りたい!という場合には、PHPは欠かせない言語なのです。 また、世界的に人気のあるCMS(コンテンツマネジメントシステム)のWordPressは、PHPで作成されているため、カスタマイズをするときにPHPの知識が必要になります。

PHPの資格と言えば「PHP技術者認定試験」

PHPにはPHP技術者認定試験という資格試験があります。 初級試験、上級・準上級試験、ウィザードまで三段階にレベルが分かれていて、各種対策本も販売されていています。 公式教本の中には、インターネット・アカデミーの講師が書いた「PHP5技術者認定初級試験 合格教本」もありますので、ぜひお手に取ってみて下さい。

まとめ

PHPは、Webに特化したプログラム言語だからこそ、Webの仕事に携わる人であれば職種を超えてぜひ学んでおきたいプログラム言語です。 インターネット・アカデミーでは、前述の試験対策ができるのはもちろん、掲示板や問い合わせシステムの開発、PHP言語を使ったセキュリティ対策など、実践的に学ぶことができるPHP講座を開講しています。

今、IT人材が不足していると言われている中、PHPのスキルを持った人材も相変わらずニーズが高い状況です。
ご興味がある方は、ぜひ無料体験レッスンにお問合せください。