プログラマーや技術者向け「アドベントカレンダー」とは

プログラマーや技術者向け「アドベントカレンダー」とは

アドベントカレンダーは本来、12月1日から24日のクリスマスを待つまでの間、1日に1つずつ穴が空けられるようになっているカレンダーのことです。

穴をあけるという作業だけでもワクワクしますが、 その中にお菓子が入っているカレンダーもあったりして、 クリスマスまでその楽しみが毎日積み重なっていくような感覚があるのがいいですよね。

ちなみに、WebやIT業界にも、アドベントカレンダーにちなんだ独特の風習があります。 それは、12月1日から25日まで1日に1つずつ、プログラマーなどの技術者たちが技術やマメ知識などを記事としてインターネット上に投稿していくというものです。

今年も様々なアドベントカレンダーが立ち上がり、多くの技術者が参加していました。 個人的に気になったのは、HTML5 や Java のアドベントカレンダーです。 本日は、そんなアドベントカレンダーが作れる&読めるサイトをご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

ADVENTAR

ADVENTAR

http://www.adventar.org/

アドベントカレンダー作成に特化したサービスが「ADVENTAR」です。 IT系に限らず、大掃除とかゾンビとか紅茶とか、多様なカレンダーがあるのが特徴。

Qiita アドベントカレンダー

Quitta アドベントカレンダー

http://qiita.com/advent-calendar/2015

プログラマのための技術情報共有サービス「Qiita」も、アドベントカレンダー専用のページを設けています。 こちらは本家技術者向けアドベントカレンダーという感じ。

アドベントカレンダーは、クリスマスが終わった後も、たまった記事を読むことで楽しめる&勉強になるので、 この年末年始の間、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。