進化する雇用市場

進化する雇用市場

新技術の台頭とスマートフォン利用者数の急増に伴い、プログラマーやデべロッパーが成長する雇用市場のなかで今やもっとも需要のある職種の一つとなっていることは、もはや驚くことではありません。しかしながら、企業が求めているものと新卒のあいだには、ギャップが存在します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

多様なポートフォリオ(作品集)を持つ

今日では、私たちは継続的なテクノロジーの進歩と、そのコードが創り出す技術もまた進化している中で暮らしているため、雇用者は最新の言語に精通していて適応性があるプログラマーを求めています。これが意味することは、あなたが大学で学んだことだけでは、現在の雇用者の要求を満たすのには十分ではないかも知れないということです。

2014年にGlassdoorにより実施された調査によると、調査に回答した従業員の約72%が、雇用を確保する上では特定のスキルを取得するための専門的なトレーニングが、彼らの学位よりも貴重だと述べた。私たちのほとんどがそうであるように、大学での4年間をただ卒業するためであったり、時代遅れのスキルセットを身につけるために費やしていることは、少し残念でがっかりすることです。それは、ほんの過去数年のあいだにテクノロジーのブームが起こったことが原因です。それまでは、C++、Java、SQLが商用では主要なツールでした。

しかし現在2014年においては、すべてはオンラインやモバイル上で実行されます。HTML、JavaScript、PHPやPythonは、プログラマーには必須になってきています。インターネットの利用の広がりにより、これらの言語が主要になってきました。インターネットはまるで食糧や水、そして住まいのように、今や人間にとっての必需品となっています。

すべての卒業生に、最初に私がアドバイスしたいことは、現在のマーケットトレンドを調査することです。例えば、あなたが会社に入りたいとしましょう??。あなたは会社が求めているものを理解する必要があります。そしてもしあなたが要求されているスキルを持っていない場合、それらを学ぶことができる場所を見つける必要があります。それらの言語を理論的に理解しているだけでは不十分で、そこではそれらを使って結果を生み出すことがあなたに期待されます。あなたが会社に採用される前に、複数のアプリケーションをプログラミングして、練習する必要があります。雇用者の目を引きつける最良の方法の一つは、しっかりとしていて、多様なポートフォリオ(作品集)を持つことです。

ポートフォリオや作品に関していえば、既存の枠に囚われず考えることです。それが群衆から抜きん出るために重要です。ありきたりな作品では、就職面接においてほとんど有利になりません。その代わりに、最新のスキルセットを使ったクリエイティブな作品を見つけることです。例えば、インターフェースにはHTML/ CSS / JavaScriptを使用し、バックエンドにはSQLやPHP / Javaなどを使用したモバイルアプリを制作したとすれば、それは面接の中ではるかに興味を引く作品になるでしょう。それはあなたが多数の分野に熟練しているという潜在能力を雇用者に対して示すだけにとどまらず、あなたが適応力があることの証明にもなります。

私はもともと機械エンジニアだったので、Web開発の分野で働いていくことになるとは想像もしていませんでした。しかし、それはこの分野の人たちにまさに需要があることを示しています。仕事を得ることは難しいことではありません。必要なのは適切なスキルなのです。