CCNAとは?受験するメリット、試験内容、対策方法を徹底解説!

what-is-ccna.jpg

今回はIT系に携わる方なら誰もが知るベンダー資格、CCNAについてご紹介します。ネットワークに興味がある方、IT系の資格に挑戦したい方、自分の市場価値を高めたい方にはお勧めの資格ですので、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

CCNAとは?

CCNA(Cisco Certified Network Associate)は世界最大規模の通信機器メーカーであるCisco Systems(シスコシステムズ合同会社)が認定するベンダー資格のことです。CCNAを取得することで、ネットワーク技術の基礎力およびネットワーク市場で圧倒的シェアを占めるCiscoルータやCiscoスイッチに関する技術の証明をすることができます。Ciscoの設けている「シスコ技術者認定プログラム」には以下の5つのレベルがあります。

  • アーキテクト 最高水準の認定
  • エキスパート 世界で認められる上級の認定
  • プロフェッショナル 業務で即戦力となる中級レベルの認定
  • アソシエイト ネットワーキングの基礎レベルの認定
  • エントリー ネットワーキングキャリア構築のスタート地点

CCNAは上記の中でアソシエイトレベルに該当する資格です。CCNAは、実務で通用するスキルを身に付けたいという方がまず取得するべき資格です。

CCNAを受ける目的

what-is-ccna_pic01.jpg

CCNAは全世界で共通の資格であるだけでなく、世界中で最も有名なネットワーク資格の1つでもあります。そんなCCNAを取得することで得られるメリットを知って、受験する目的を明確にしましょう。

ネットワーキング技術の基礎が身につく

認定プログラムが公開されて以来、世界中のネットワークエンジニアと雇用者がシスコの技術者認定の取得を求めてきました。CCNAの試験の内容はネットワークの技術者として身につけておかなければいけない基本的な知識を問うものばかりです。CCNAを取得することで、Cisco 製品に関する知識はもちろん、ネットワーク技術者の実力を証明することができます。

スキルに対する市場価値の高さ

Cisco(シスコ)はネットワーク分野において業界最高の市場シェアを保っており、大多数のインターネットトラフィックがシスコのインフラストラクチャ製品によって構築されたネットワーク経路上を通過しています。Cisco(シスコ)の製品に関する知識やスキルは、ネットワークの業界では世界標準とも言えます。そのため、Cisco(シスコ)の認定するスキルは業界において高い市場価値を持つのです。

給与の増加につながる

IT人材の世界的な不足の影響で、ネットワークエンジニアの給与は高まる一方です。Cisco(シスコ)のRouting and Switchingの認定保有者の給与水準は68,000~120,000ドルであり、この認定でネットワーク管理スキルを証明できれば、米国では給与を約9%増加させられる可能性があるといわれています。

アソシエイト認定の種類

アソシエイトレベルの認定であるCCNAはネットワーク認定資格の基礎レベルとして位置づけられています。CCNAの中にも以下の9種類の試験があり、分野によって選ぶことができます。

  • CCNA Cloud
  • CCNA Collaboration
  • CCNA Cyber Ops
  • CCNA Data Center
  • CCNA Industrial
  • CCNA Routing and Switching
  • CCNA Security
  • CCNA Service Provider
  • CCNA Wireless

ビジネスの分野で利用が進むクラウドやセキュリティ対策など、分野別に問われるスキルは異なります。この中で、もっとも受験者が多く一般的なものはCCNA Routing and Switchingです。CCNA Routing and Switchingは実用性が高く、日本のみならず世界中で知名度の高いネットワーク資格です。
今回はCCNA Routing and Switchingについて詳しくご紹介します。

CCNA Routing and Switchingの試験の内容は?

ccnaroutingandswitchingpicture.jpg

CCNA Routing and Switchingの試験には2種類の受験形式があります。ひとつは「200-125J CCNA」の試験を受けることです。もうひとつは、「100-105J ICND1」と「200-105J ICND2」という2つの認定試験に分割して、CCNAの合格を目指す方法です。
ちなみに、「200-125J CCNA」資格試験を受験して一発合格が狙える一方、試験を分割して、着実なステップアップを図ることもできます。しかし、別々に受験する分、その範囲についてより細かい知識が問われることがあるため、どちらが良いとは一概には言えません。1回で全範囲の試験を終了した場合、「200-125J CCNA」が認定され、試験を2回に分割した場合は、前半は「100-105J ICND1」が、後半は「200-105J ICND2」が認定されます。ここではそれぞれの出題数・試験時間、出題形式や合格点の目安などについてご紹介させていただきます。

200-125J CCNAの試験範囲

  • ネットワークの基礎
  • LANスイッチングテクノロジー
  • IPv4およびIPv6ルーティングテクノロジー
  • WANテクノロジー
  • インフラストラクチャサービス
  • インフラストラクチャセキュリティ
  • インフラストラクチャの管理

200-125J CCNAの試験では上記の知識とスキルが問われます。中でも「LANスイッチングテクノロジー」と「IPv4およびIPv6ルーティングテクノロジー」の比重が比較的高くなっています。

100-105J ICND1の試験範囲

  • ネットワークの基礎
  • LANスイッチングテクノロジー
  • ルーティングテクノロジー
  • インフラストラクチャサービス
  • インフラストラクチャのメンテナンス

100-105J ICND1の試験ではLANスイッチングやルーティングに関する基礎知識が問われます。

200-105J ICND2の試験範囲

  • LANスイッチングテクノロジー
  • IPv4およびIPv6ルーティングテクノロジー
  • WANテクノロジー
  • インフラストラクチャサービス
  • インフラストラクチャのメンテナンス

200-105J ICND2の試験では、前半の100-105J ICND1の内容が身についている前提でLANスイッチングやルーティングに関するやや発展的な知識やスキルが求められます。

出題数・試験時間

出題数は「200-125J CCNA」では60~70問、「100-105J ICND1」、「200-105J ICND2」ではそれぞれ45~55問です。試験時間はいずれも90分となっています。一問にかけられる時間は多くないので、試験を解く際はスピード感が求められます。

出題形式

出題形式はCBT(Computer-Based Testing)方式です。問題用紙・解答用紙ではなくコンピュータを用いて問題を解きます。マウスで操作する選択問題やドラッグアンドドロップ問題といった知識理解の設問だけではなく、キーボードを用いたシミュレーション問題など、実践的な問題も出題されるという特徴があります。

合格点の目安

CCNAの試験問題は、配分が毎回ほとんど同じになるように、上記の試験範囲の中からランダムに選ばれます。同時に試験を受けている人でも試験内容は異なるため、合格点も個人によって多少変動します。合格点は公式には非公開ですが、一般的には1000点満点中800点~850点程度が合格点だと言われています。8割程度の正答率が求められているため比較的難易度は高めであると言えます。また、CCNAはバージョンアップを重ねるたびに難易度が少しずつ上がっており、以前よりも資格としての地位は上昇しています。
なお、コンピュータを用いた試験であるため、試験終了後すぐに画面上で合否が表示されます。

試験詳細

ここでは試験日程や会場、受験料等の詳細についてご紹介します。

試験日・試験会場

試験は基本的に日曜・祝日以外は毎日実施されています。申し込みに関しては希望試験日の前日までに申し込めば受験可能であるため、自分のスケジュールに合わせて受験できます。また、試験会場は「ピアソンVUE:テストセンターリスト」に掲載されている、全国に100以上ある試験会場の中から選ぶことができます。試験開始時間については試験会場によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

受験料

CCNAの受験料は以下の通りです。

試験名 受験料
200-125J CCNA 39,000円(税込42,120円)
100-105J ICND1 19,800円(税込21,384円)
200-105J ICND2 19800円(税込21384円)

試験を2回に分割しても、合計するとCCNA取得にかかる金額はほとんど変わりません。多少のリスクがあっても1回で合格したいという方もいるでしょうし、受ける回数を2回に増やしてリスクを減らしたいと考える方もいるでしょう。いずれにしても結果的に勉強する範囲は変わらないため、自分の学習ペースやプランに合わせて受験するのが良いでしょう。

CCNAに向けた対策・勉強方法

CCNAの試験に関する参考書等は多くあり、Cisco(シスコ)が公開している試験の練習問題等も利用できます。これらを駆使して独学で試験に臨む方もいますが、ネットワークに関する知識がほとんどない方、同様の試験を過去に受けたことがない方は、スクールに通って効率的に学習を進める方法をお勧めします。基本的な内容から発展的なものまで、気軽に講師に尋ねることができる環境で、最短距離での資格取得を目指すことができます。

おわりに

今回は現在ネットワーキング業界で最も注目のシスコ認定資格、CCNAについてご紹介しました。CCNAはネットワーキングの基礎的なスキル習得のためだけでなく、自身のIT人材としての価値を高め、キャリアアップを目指す上でもとてもおすすめの資格です。

近年のIT人材の需要の高まりにより、CCNAをはじめとしたIT認定資格取得のための勉強や、Webに関する最新の知識についてスクールで学びたいという方が増えています。
IT・Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、母体の制作会社のノウハウをカリキュラムに還元しており、ネットワークについてはもちろん、ITに関する様々な知識やノウハウが学べます。ご興味のある方は無料体験レッスンにご参加ください。
さらに、ITの最新技術をビジネスに導入するノウハウを伝えるITコンサルティングも行っております。自社でのIT人材教育を検討の方に、講座内容からスケジュールまで、ご要望に合わせて研修内容をカスタマイズしてご提案することが可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム