SESをエンジニアのファーストキャリアにする前に知っておきたいこと

SESをエンジニアのファーストキャリアにする前に知っておきたいこと

IT人材不足が深刻化する中、必要な期間や人数に応じてエンジニアを雇うことができるSES(システムエンジニアリングサービス)を利用する企業が増えています。その一方で、悪質なSESの実態や、就労者側のデメリットも多数聞こえてきています。 SESは、IT初心者や未経験者にとっては、IT業界に入ったり経験を積むうえで門戸が広く、可能性に満ちているようにも見えます。実際のところ、IT人材のキャリアのファーストステップとして、適切なのでしょうか。今回はSESの仕組みから、SESを利用して就業する場合のキャリアの考え方まで、ご紹介します。

全授業、通学・オンラインを選べるプログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

SES(システムエンジニアリングサービス)とは

SESの特徴

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、ソフトウェアやシステムの開発・保守・運用を請け負う雇用契約の一種です。SES提供元の企業から派遣された技術者は、クライアント企業に常駐して、エンジニア業務を行います。

SESの仕組み

SESの仕組み

SESの特徴としては、クライアント企業に常駐していても、雇用環境や育成への指揮命令はあくまでSES提供元の企業が行うことが挙げられるでしょう。派遣労働では、雇用環境や育成、指揮命令は、常駐しているクライアント企業にあるという点にSESとの違いが見受けられます。 また、SESによってエンジニア業務を行う技術者は、システム開発に費やした労働時間に基づいた報酬を受け取ります。そのため、制作物の出来に対しての責任は負う必要はないという仕組みになっています。

SES事業の問題点とは

SESを利用する就業者の立場からすれば、システム開発の成果物が求められるわけではなく、勤務した時間がそのまま報酬となるため、IT初心者がスキルアップを目指す上で最適なファーストステップのようにも思われます。 ではなぜ、SESへの批判や、疑問視する声が絶えないのでしょうか。その理由としてよく取り上げられる2つの意見をご紹介します。

長時間労働になりやすい

SESを提供する企業は数多くあるため、すべてのSES企業がそうだとは言い難いですが、SESの仕組み上、技術者が長時間労働になってしまいやすいというものがあります。

その理由は、「SESは、月間の契約労働時間に上限と下限が決められている」という点にあります。
労働時間に上限下限があるということは、SESを発注するクライアント企業側にとっては、契約した労働時間分だけ働いてもらいたいという心理が働きやすい上、なかには、上限がないという企業もあり、その分だけ長時間労働が起きやすくなっています。

雇われたエンジニアの側としても、成果物ではなく勤務した時間分だけ給料が支払われるため、業務の効率化やスピードを上げて仕事をする意欲が保ちにくい環境にもなってしまっていることが多いのです。

技術者への指揮命令の所在がわかりにくい

SES提供元の企業によっては、指揮命令がうまく機能していないというケースもあります。
SESは派遣契約と違って、クライアント企業に常駐していても、エンジニアの管理や指揮命令はSES提供元の企業が行う必要があります。

しかしながら、現場業務である以上、技術者への指揮命令がクライアント企業からなされている場合があります。その場合、「偽装請負」という契約違反行為に当たります。

インターネット上に書かれている多くのSESへの問題視や批判は、多くは不正な労働監督や、指導が行き届いていない場合に起きています。
中には安心して働きやすいSES事業を行っている企業もあるはずですが、SES契約でエンジニアとしてのキャリアを始める場合は、「長時間労働が起きていないか」「経験を積んでキャリアアップしているロールモデルとなるような人はいるか」「偽装請負をやっている企業ではないか」という確認をすることが望ましいのです。

SESでスキルアップが難しいのは本当?

それでは、問題のないSES事業を見つけた場合、IT初心者にとって、エンジニアのファーストキャリアとして効果的なのでしょうか。SES契約の特徴と共に、懸念事項をピックアップしてみました。

初心者がSES契約をすると雑用ばかり任される?

SES契約は成果物の出来に責任を負う必要がないため、携わることのできる業務範囲がある程度限定されてしまうケースが多くあります。

もともと経験が豊富で、高度なITスキルを持っているエンジニアであれば別ですが、IT初心者の場合、コーディングや、事務、システム運用のテストなど無難な内容や雑務に近い業務から始めなければなりません。

就業期間が長くなれば、より難易度の高い業務に従事できる可能性はありますが、そうでない場合は下積み期間が不用意に長引いてしまう場合もあるため、注意が必要です。

教育が不十分?

SESの事業会社によっては、就労しているエンジニア向けにスキルアップを目的としたIT研修を実施する企業もあります。しかし、実際には研修をやっている会社は珍しいのと、就業を始めてしまうと、周りに質問できる人がいない・質問しにくい状況に陥ることもあり、なかなか解決できないというケースも多いようです。

また、主体的に現場の業務から学んでスキルアップをしようと考えても、一つのシステム開発の完成より前に別のプロジェクトに異動になってしまうなど、プロジェクト全体の一貫した経験が積みにくいという問題もあります。
そのため、初心者の方にとって、エンジニア業務に従事しながらスキルアップを目指すことが難しい環境にあると言わざるを得ません。

転職チャンスがない?

IT初心者の方が、SESでスキルアップをしてから転職を目指す場合、アピールできるITスキルを身に着ける必要があります。しかしながら、SESにおける業務や教育環境を見ると、キャリアの最初の段階にも拘わらず、雑務に留まってしまったり、満足に教育を受けられなかったりする可能性があるのです。

また、IT業界やWeb業界への転職でアピール材料となるのが、自分で制作・開発したWebサイトやシステムなどの成果物です。しかし、SESの場合、あくまで請負であり、また自分のスキルレベルで対応できる範囲でのシステム開発を行うため、自分が携わる業務範囲は限定されてしまうことが多いのです。そのため、転職の際にアピールできる業務経験や知識を、SESでの就業現場で得るのは難しいことが多いのです。

まずは自己投資をしてスキルアップしよう

IT業界未経験だけれど、初心者の方が、今後キャリアアップする上で最適な環境とはどのような環境でしょうか。効率的にレベルアップするには欠かせない3つの要素をご紹介します。

ITスキル習得が実務に直結している

ITスキルを習得する以上、学習内容が実務に直結していることが望ましいでしょう。ところが、SESの場合、実務に携わる中で主体的にIT知識を吸収できるものの、疑問点やわからないことを質問できる環境とは言えませんでした。 つまり、実際にITスキルを使う環境に身を置きながら、ご自身の疑問をその場で解決できるような環境での学習が効率的なスキルアップには欠かせないと言えるでしょう。

就職・転職のチャンスに直結している

SESでは様々な実務経験を積むことができる環境ではあるものの、携わる業務が雑務に留まる可能性があります。転職に活きる経験を積みにくいため、アピールできるご経験が限られてしまうことがあるのです。 ゆくゆくは就職や転職をお考えの場合は、ご自身の志望するキャリアに必要なスキルを重点的に学習できることが、効率的なレベルアップにつながると言えるでしょう。

アピールできる制作物を作れる

先ほどの就職・転職のお話にも関係してきますが、IT人材キャリアの幅を広げる際に、もっとも効果的な手段の一つが、ご自身で制作した制作物をアピールすることです。なぜなら、自分の制作物があるということは、その人が設計から運用までをやり遂げるITスキルを持っているという証明になるからです。 ところが請け負い業務であるSESでは、経験できる業務が限定されています。特に初心者の場合、テスターやコードの読み取りなど、キャリアアップの際にアピールできるスキルにつながりにくい業務が大半を占めることがあるのです。 数多くの実務を通じてITスキルを伸ばすことも重要ですが、それ以上にキャリアアップに求められることは、保有するITスキルを駆使して何ができるのかを客観的に示すことだと言えるでしょう。

おわりに

これまでSESがIT初心者のファーストキャリアに適しているかどうかを見てきました。SESを通じて順序良くレベルアップできるのであれば、SESは今後のキャリアアップに繋げやすい働き方だといえます。ところが、常駐先で気軽に疑問点を質問できる人がいなかったり、求めるスキルの習得につながる業務に従事できない可能性があったり、求めるキャリアパスを歩むには難しい環境だとも言えます。 インターネット・アカデミーでは、IT人材としてのキャリアの幅を広げるサポートを幅広く提供しております。母体であるWeb制作会社のノウハウが還元されたカリキュラムだからこそ、実務に直結するスキルが習得できますし、ご自身の制作物の開発のサポートも行っております。IT初心者の方で、キャリアプランにお悩みの方、効率的なスキルアップをお探しの方はぜひお問い合わせください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
1995年開校、日本初のWebデザイン・プログラミングスクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

プログラミングスクールのインターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム