0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

Webデザインにも役立つタイポグラフィの基本ルールとは

Webデザインにも役立つタイポグラフィの基本ルールとは

同じ文章でも、タイポグラフィ(文字の書体や配置などの構成や表現)の違いによって、読み手に与える印象や視認性が大きく変わってきます。例えば、この記事のフォントサイズがすべて同じ場合、読みにくいと感じるのではないでしょうか。DTPはもちろんWebデザインの制 作においても、タイポグラフィに関する知識は役立ちます。情報アーキテクチャの先駆者として世界的に有名なInformation Architectsは「Webデザインの95%はタイポグラフィである」と述べています。今回は、Webデザインにも役立つタイポグラフィの基本ルールについてご紹介します。

タイポグラフィの基本

タイポグラフィの基本

フォントを文章として読ませたいのか、それともグラフィックとして見せたいのか、目的に合わせて適切なタイポグラフィを考えましょう。地の文には可読性の高いフォントが適していますが、キャッチコピーにはイメージ想起を優先させた、読み手を引きつけるフォントを選ぶことがおすすめです。

タイポグラフィの基本とWebデザイン

読み手に強いイメージを残す画像の重要性は言うまでもありませんが、Webの情報のほとんどは文字で構成されています。そのため、タイポグラフィもイメージ作りに不可欠な要素の1つです。従って、読み手を常に意識してタイポグラフィを考える必要があります。

フォントサイズや色、ウェイトで受け手の印象は変化する

フォントサイズや色、ウェイトで受け手の印象は変化する

一般的に、ゴシック体は力強く明朝体はやわらかな印象を与えます。さらに、同じフォントでもウェイト(文字の太さ)や色を変えることにより、与えるイメージを変えることができます。例えば、力強さや堅牢性を表現したい場合はコントラストのはっきりした色の太字ゴシック体を使用したり、繊細さや柔軟性を表現したい場合はコントラストを抑えた色の細字明朝体を使用したりすると良いでしょう。

フォントファミリーやフォントサイズの種類を絞る

あまりに多くのフォントやフォントサイズを使用することは、読み手に散漫な印象を与えます。1つのドキュメントの中で、フォントやサイズを3種類程度の使用に抑えるとすっきりと見せることができます。フォントファミリーとは、ウェイトや文字幅が異なるフォントのまとまりのことです。Webデザインをすっきり見せるためには、フォントの種類は増やさずフォントファミリーを有効活用しましょう。

リズム感を持たせることで、視線誘導やイメージを付加する

リズム感を持たせることで、視線誘導やイメージを付加する

フォントサイズや色に緩急をつけることにより、伝えたい情報に優先度をつけることが可能です。キャッチコピーと地の文が同じフォントの場合、閲覧者はどこを見れば良いか迷ってしまうことがあります。フォントサイズやレイアウトを考える際には、どの情報を見てほしいか優先順位をつけることにより、意味のあるデザインを作れます

例えば、書籍のページ数を表現する際は、数字を大きくして単位を小さめに表現してみましょう。リズム感を持たせることにより、文章が見やすくなるだけでなく、必ず見てほしい重要度の高い情報を提示することができます。

視線移動を意識してレイアウトする

行間を詰めすぎた場合、1行目から2行目へ読み進める際に、1行目の行頭に視線が移動してしまうことがあります。また、1行目を読んでいる際に2行目の文字が視界に入って気が散ることもあるかもしれません。

読みやすい文章にするためには、視線移動を意識してレイアウトしましょう。一般的に、横書き文章の行間は150~190%程度行長は15~40文字程度にすると読みやすいと言われています。

おわりに

Webデザインではグラフィック面に目が行きがちですが、タイポグラフィについても十分に注意を払うことにより、ワンランク上のデザインにブラッシュアッ プできます。Webサイト閲覧者にどのようなイメージを与えたいのか、どの情報を見てほしいかを考えれば、デザインの完成イメージが浮かぶはずです。また、さまざまな優れたデザインのWebサイトをスクラップして、アイデアの引き出しを広げましょう。

ハイレベルなWebデザインを学びたい方へあなたにぴったりのコースをご提案いたします

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

最先端のWeb技術や、業界のトレンドについてご紹介をする無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした授業の体験も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)