0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

スクールに通うべき?Webデザイン初心者が短期間で上達するコツ

Webデザイン初心者が短期間で上達するコツ

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

場所や時間、地域にとらわれず、幅広い層に情報発信が可能であることから、娯楽だけでなくビジネスにおいても重要なWebサイト。そのWebサイト制作に欠かせないのが、Webデザインです。Webデザインを担当するWebデザイナーの仕事の幅は広く、サイト設計やレイアウト決めから、そのWebサイトの快適性や使い心地の良さを決めるUI・UXデザインまで行います。今回はWebデザインの仕事に興味を持つ初心者の方が、短期集中で技術を上達させるコツについてご紹介します。

【1】良いデザインにたくさん触れる

デザインにたくさん触れる

Webサイト制作に興味を持ったばかりのWebデザイン初心者の方が、途中で挫折してしまうことも少なくありません。その理由は、すべてを一から作りだそうとしていることにあります。

Webデザインを学ぶ際の大事なポイントは、良いデザインにたくさん触れ、自分のデザインの引き出しを増やすことです。世の中には数多くのWebサイトが存在しており、ジャンルやカテゴリーの種類もさまざまです。先輩Webデザイナーが丹精込めて作ったWebデザインから、魅せ方やテクニックを学びましょう。


具体的な方法としては、気になった新聞の記事を切り抜くように「Webデザインをスクラップする」ことが挙げられます。Webサイト全体を画像として保存する、一般に「キャプチャー」と呼ばれる方法で、インスピレーションを受けたWebデザインを集めましょう。Webサイトに動画やアニメーションが使用されている場合は録画ツールを使い、動画で動きを記録しておくと後々Webデザインの幅が広がります。

余裕があれば、ソースコードを確認し、コーディング方法もメモしておくと良いでしょう。記述の意味が分からないソースコードや疑問点があれば、Webスクールの先生などに質問をしてすぐに解決します。分からないことをそのままにしないことが、何事においても上達の秘訣です。

【2】参考になるサイトを模写する

参考になるサイトを模写

お気に入りのWebデザインをキャプチャーした後は、そのWebデザインを「トレース」しましょう。トレース(trace)には、「模様などをなぞって写す」という意味があり、ここではスクラップしたWebデザインの模写を通してデザインを学ぶことを指します。


シンプルな練習法ですが、実際に手を動かすことによってWebデザインで押さえておくべきポイントが見えてくるようになります。今まで使っていなかったPhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトの機能を駆使してデザインすることになれば、必然的に技術も上達するでしょう。

プロが現場で使用しているグラフィックソフトをまだ持っていないという方は、Web制作に必要な環境が整っている、Webスクールのフリーレッスン室の利用がおすすめです。自分でソフトを購入しなくてもWebデザインの練習でき、さらに常駐インストラクターがいるWebスクールであれば、効率の良い作業方法なども教えてもらえます。


優秀なWebデザインを模写することによって、ヘッダーやフッター、コンテンツのカラーリング及びレイアウト、メニューの並び、そして各パーツの間隔や余白の取り方などを学ぶことができます。トレース練習をする人とそうでない人では、上達の速度も大きく変わるのです。

【3】人に見せて批評してもらう

人に見せて批評してもらう

完成したWebデザインをHTMLやCSSを使用してコーディングし、Webページ化することもWebデザインの仕事に含まれます。キャプチャーやトレースを通じて学んだWebデザインのポイントを活かしてWebサイトを制作したら、次は人に見せて批評してもらいましょう。

制作したWebサイトは、誰かに見てもらうことが大切です。自分の気付かない不備を指摘してもらい、次回のWebデザインに活かすことができます。


他のWebサイトをまねることで、Webデザインはある程度形にできてしまいます。しかし、仕事としてクライアントにサービスを提供する場合は、クライアントの要望をデザインに反映させるスキルや、トレンドを意識したデザインも求められます。

たくさんの人に見てもらえるWebサイト、商品が売れるWebサイトにするためには何が足りないのか、現役Webデザイナーや、母体がWeb制作会社のWebスクールの先生から意見をもらえるとなお良いでしょう。

Webスクールによっては、就職活動に向けてオリジナル作品のプレゼンテーションをしたり、先生からフィードバックをもらったりできる「受講生作品発表会」で、人に批評してもらう機会があるようです。

[PR] Webデザイナーの仕事の魅力とは? 先輩Webデザイナーに聞いた仕事の魅力

おわりに

ご紹介した内容以外にもWebデザイナーとして学ぶべきことは多く、すべてを1人で勉強するためには多くの労力と時間が必要です。短期間で上達を目指される方は、Webスクールに通って、即戦力になるための知識を効率良く学びましょう。

インターネット・アカデミーの講座は基礎から応用までカバーしていることはもちろん、経験豊富なWebデザイナーが指導するため、短時間で効率的に学習を進められます。講座にもよりますが、最短2週間で一通りの技術の習得を目指すコースもあります。「Webデザインの勉強を何から始めて良いか分からない」という方は、ぜひ無料体験レッスンで専任インストラクターにご相談ください。

Webデザインを短期間で上達したい方へまずはお気軽にお問い合わせください

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

日本初そして唯一のIT・Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、毎日無料体験レッスンを開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)