【パソコンの選び方入門編】Web・ITの仕事をする人にオススメの選定法

Web・IT用パソコンの購入~用途に合った選び方とは?~

Web・ITの勉強を始めるにあたり、パソコンの新規購入や買い替えを検討されている方は多いのではないでしょうか。しかしながら、いざ自分でパソコンを探そうにも種類が多すぎて何を買えばよいのかわからないとお困りの方もいらっしゃると思います。 今回は、パソコンの購入を検討される際に役立つ、パソコンの選び方についてご紹介いたします。

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

用途からパソコンの形状を決めよう

用途からパソコンの形状を決めよう

パソコンの購入を考える際に、まず考えることは、形状が用途に適しているかどうかです。パソコンの形状は以下のようなものがあります。

  • デスクトップ型
  • ノートパソコン型(主に13.3インチ、15.6インチ、17.3インチ)

勉強したWeb・ITスキルを活かして将来はフリーランスや独立を考えていらっしゃる方にはノートパソコン型をおすすめします。現在では、ノートパソコン型のスペックはデスクトップ型と遜色なく利用でき、持ち運びもできるため非常にバランスが取れているので、場所を問わずWebデザインや制作をしたい方に適しています。 しかしながら、家電量販店などに販売されているノートパソコンの場合、後ほど述べるパソコンのスペックが低いこともあります。WebデザインやIT制作など用途の決まっている方はカスタマイズノートパソコンを選択する方が多いです。

一方で、自宅でしかWebを制作しない方や、より広い画面で作業をする方はデスクトップ型がおすすめです。デスクトップ型とは、例えば、3Dグラフィック映像を使用した最新のゲームに適したゲーミングモデル、写真や動画などの編集に特化したクリエーターモデルや、画質と音響が高性能のAV(オーディオ・ビジュアル)パソコンなどが挙げられます。

そのため、一般的な普段使いを想定されているのであれば、ノートパソコン型を選択することがおすすめです。

OSはWindows?それともMac?

多くの方がパソコンを購入する際にOSはWindowsかMacどちらが良いのかお困りではないでしょうか。結論から申し上げると、一般的に両者のスペックの差はほとんどありません。以前MacにはRetinaディスプレイが採用されており、Windowsよりも画質がきれいといわれていましたが、Windowsでは4Kディスプレイが 搭載されており、遜色のない解像度になっています。
とはいっても、WindowsとMacには長所と短所があります。自分の用途に適したOSを選ぶとよいでしょう。

Windows

Windowsの強みは、多くの企業が使用しているOSだからこそ、なじみの環境であるということです。Web制作の現場でもおそらくWindowsを使用したり、顧客の使用するOSがWindowsということも大いにあります。 また、Macと同じスペックで比較した場合、Windowsのほうが安価で購入できます。Macbookの場合、メモリのアップグレードを含めて32万円するのに対し、同じスペックのWindowsなら16万円ほどです。

Mac

Macの強みは最初からデザインに必要な要素が備えられていることです。例えば、デザイナーがよく使うフォントであるヒラギノが最初からインストールされていたり、iPhoneを使う方であれば、撮影した写真を簡単にMacへと送信できるといった機能があります。 また、Bootcampという機能を使えば、MacBookでWindowsをインストールして使用することもできます。

パソコンのスペックによって快適さがちがう!

OSはWindows?それともMac?

あなたの用途に適した形状を選んだあとは、パソコンのスペックについて見てみましょう。せっかく購入するパソコンですから、快適な利用のためにもファイルの保存容量や、ソフトウェア処理速度などを考慮すべきです。

HDD・SSD

HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)は、パソコンにファイルを保存するために必要な機器です。SSDはHDDよりも高価な分、高速で寿命が長く、かつ壊れにくいという違いがあります。 現在、HDDの容量の多くが500GB(ギガバイト)、SSDでは256GB程あるので、これを目安とすると良いでしょう。ちなみにHDDに500GBの容量があれば、音楽は10万曲程度、動画であればやや粗い画質で115時間程度、保存することができると言われています。 ちなみに最近では外付けのHDDも販売されていたり、DropboxやGoogle Driveといったオンラインストレージに移動したりできるので、容量が不足しても対処しやすくなっています。

メモリ

メモリとは、パソコンのデータ処理速度・パソコン操作の体感速度に関係する機器です。1台のパソコンでYouTubeで音楽を流しながらWordやExcel、というように複数の作業を同時に行うこともあるでしょう。その際に、メモリ容量が大きいとパソコン上で複数の業務を同時に行っても、処理落ちしにくくなります。 メモリ容量を選ぶ際は、ノートパソコン型であれば、最低でも8GBは必須です。可能であれば16GBあれば安心です。Webデザインをする際にはPhotoshopとIllustratorを同時に使うことも多いため、スムーズな動作のためにも最低でも8GB以上のパソコンを選びましょう。

CPU

CPUはパソコンの処理スピードに関わる計算をつかさどる機器です。メモリ容量は、複数の業務を同時に処理する速さに影響しますが、CPU数値はより高度な作業ができるかどうかを左右します。Windowsに搭載されているCPUには「Corei 3」「Corei 5」「Corei 7」という3種類のスペックがありますが、数字が大きいものほどCPUの精度が高くなっています。 例えば、動画編集や音響編集など、専門的な作業をするには「Corei 7」以上、Photoshopをはじめとする画像編集などには「Corei 5」以上、Word、ExcelやPower Pointなどの用途のみなら「Corei 3」以上だと言われています。 しかしながら、CPUだけが高性能の「Corei 7」でメモリの容量が4GBであった場合、PhotoshopとIllustratorを同時に使用すると動作が遅く感じることがあります。Webデザインを行う際は、「Corei 5」以上を目安に選ぶとよいでしょう。

パソコンメーカーは国産?外国産?

述べてきた項目からパソコンのスペックを確認することができますが、他にも注目しておくべき点として、メーカーがあります。

国内メーカーのパソコンは、海外メーカーよりも値段が高いことが多くあります。その分、パソコンが故障したときに丁寧な対応を比較的早く受けることができたり、パソコン操作の疑問点を電話で相談しやすかったりします。 また、メーカーや製品によっても異なりますが、パソコンに年賀状ソフトやDVD再生ソフトといった豊富なソフトが予め入っていることが多いです。 一方で、海外メーカーだとそうした特典が付いていない分、比較的安い値段で購入することができます。 国産と海外メーカーの壊れやすさに差はないため、価格帯や内蔵されるソフトを見て、自分に適したパソコンを選ぶとよいでしょう。

購入したパソコンを有効活用しよう!

購入したパソコンを有効活用しよう!

パソコンの買い替えを機に、新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ノートパソコン型のパソコンを購入した方であれば、持ち運びしてどこでも画像編集やプログラミングに挑戦できますし、デスクトップ型を選んだ方であれば、動画や音響、3Dゲームといったより専門的な趣味に打ち込むことができます。

インターネット・アカデミーではプログラミングスキルをはじめ、Webデザイン、Webサービス開発まで幅広く開講しており、皆さんの興味関心に合わせて学ぶことができます。 そしてWebスキルがあれば、趣味だけではなく、就・転職の幅を広げることにもつながります。 新たなパソコンを手に、Webスキルを身につけたい方は、ぜひこの機会にインターネット・アカデミーの無料体験レッスン・カウンセリングにご参加ください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム