副業・転職を目指す方へ

Webデザイナーになるには資格が必要?Webデザインの資格と難易度

  • 2022/11/19
Webデザインの資格と難易度

Webデザイナーを目指そうと考えている方は、Webデザイナーに関する資格を取得してはいかがでしょうか。Webデザイナーに関する資格にはさまざまな種類があります。勉強を通してWebデザインに必要な知識を習得できるだけではなく、就職・転職の際のアピールとして役立てることも可能です。今回は、Webデザイナーになるために有用なWebデザインの資格と難易度についてご紹介します。

AIちゃん
AIちゃん

資格を取ると就職や転職に有利になるんですね。

有村先生

はい。資格取得のために勉強することで、知識をつけることはもちろん、スキルアップにもつなげることができますよ。

目次

Webデザイナーになるには資格が必要?

Webデザインに関する仕事をしていれば、Webデザインに関する資格がない場合でもWebデザイナーを名乗ることができます

しかし、特に就職活動を行う際、Webそのものに関する知識やデザインセンスなど、言葉で表すことが難しいスキルの証明を企業から求められるケースも多々見られます。このような場合に、Webデザイナーに関する資格を取得していれば、実務的な能力のレベルを明示することが可能です。

Webデザインに関する資格と難易度

Webデザインに関する資格は、民間の企業が制定している資格から国家資格まで、数多く存在します。難易度や必要とされる知識にそれぞれ違いがあるため、目的に応じて取り組むべき資格を検討しましょう。

1.Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、株式会社サーティファイが主催する民間資格試験です。
Webページを制作するために必要なファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン能力などが試されます。受験資格は特に設定されておらず、経験の有無に関わらず誰でも試験を受けることができます。
また、試験では実務的な問題が多く問われるため、勉強の過程で獲得した知識を業務に直結させやすい点もこの資格の魅力です。
Webクリエイター能力認定試験は、Web関連の資格の中では比較的取得が容易であるとされています。そのため、初めてWebデザインに関する資格に挑戦する方におすすめの資格です。

2.PHP技術者認定試験

PHPは、77.6%ものシェアを占める最大級のサーバーサイドプログラミング言語です。そのPHPの技術者であることを証明できる唯一の試験として「PHP技術者認定試験」が用意されています。
グレードは初級試験、上級試験・準上級試験、技術認定ウィザードの3つです。初級試験は学生から社会人1~2年目の受験を想定した内容で、上級試験は実用的で高度なプログラミングテクニックを持った上級者の受験が想定されています。
技術者認定ウィザードは、PHP技術者最上位の資格を取得できる試験です。通常の試験形式とは異なり、500文字程度の所定の文章を提出し、承認された場合に認定ウィザードとされます。受験資格が与えられるのは上級試験でスコア90点(90%)以上を取得した方のみであり、その難易度の高さから、取得できると就職や転職を有利に進めることができるでしょう。

PHP、WordPress市場動向|PHP技術者認定機構

3.ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省が認定する、Webデザイン関連唯一の国家資格であり、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が試験を管理しています。

検定には1級~3級が存在し、1級、2級においては一定年数の実務経験や前段階の級に合格していることが受験資格として求められます。そのため、初めてウェブデザイン技能検定に挑戦する方はまず3級の検定試験を受けましょう。

試験は筆記試験と実技試験の2部構成で行われます。Webについての幅広い基礎知識が求められ、100点満点中70点以上で合格です。企業における認知度も高いため、就職や転職を考えている場合にはぜひ受けておきたい資格です。

4.アドビ認定プロフェッショナル

アドビ認定エキスパート(ACE)

Adobe社公式認定資格のアドビ認定エキスパートプロフェッショナルは、その名の通りAdobe社製ソフトに関する知識や技術を証明できる資格です。Photoshop・Illustrator・Premiere Proの3つのアプリケーションのバージョンごとに試験が用意され、要件の2科目に合格すると「Adobe Certified Professional in Visual Design」「Adobe Certified Professional in Video Design」としての認定を受けることができます。試験は実際のアプリケーションを使用し、選択問題セクション、後半の操作問題セクションの2つに分かれて出題されます。
試験ではAdobe社製品に対する深い知識はもちろん、デジタルソフトウェアを用いた実務フローに関する十分な認識が要求されます。特定のソフト運用能力に関する認定試験とはいえ、Webデザイナー業務におけるAdobe社製ソフトの高い普及率を考えると、広く効力のある資格であると言えるでしょう。

試験では、Adobe社製品に対する深い知識はもちろん、デジタルソフトウェアを用いた実務フローに関する十分な認識が要求されます。特定のソフト運用能力に関する認定試験とはいえ、Webデザイナー業務におけるAdobe社製ソフトの高い普及率を考えると、広く効力のある資格であると言えるでしょう。

おわりに

Webデザイナーはセンスと知識を問われる職業ではありますが、やりがいもあり、何より未経験からでも努力次第でステップアップできる点が魅力です。興味をお持ちの方は、今回の記事をご参考に、まずはWebデザインに関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

Webデザイン専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、これまで25,000人を超える卒業生を輩出してきました。自分のペースとスタイルで学べるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就転職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。初心者の方から、さらなるスキルアップを目指す方まで、あらゆるサポートをさせていただきます。ぜひお気軽に無料体験レッスン・カウンセリングにお越しください。

Webデザインに必須のスキルをマスター

Webデザイナーコース

未経験からのスタートでもWebデザイナーとしての基本スキルがすべてマスターできるだけでなく、実際の制作に役立つノウハウまで学ぶことができます。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる

試験運営団体

株式会社サーティファイ:Webクリエイター能力認定試験 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン:HTML5プロフェッショナル認定資格社 特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会:ウェブデザイン技能検定 Adobe社:アドビ認定エキスパート