「トロイの木馬」を駆除する有効な方法とは

「トロイの木馬」を駆除する有効な方法とは

今回は、パソコンを攻撃する脅威の中でも特に被害の多い、 「トロイの木馬」について概観した上で、トロイの木馬を駆除する方法についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

トロイの木馬とウイルスはどう違うの?

トロイの木馬は、端的に言ってしまえば、 世の中で広く「ウイルス」と呼ばれているものの一種にあたります。

厳密に言うと、ウイルスとトロイの木馬は違うものですが、 悪意あるソフトウェア(マルウェア)であることには変わりありません。

ウイルスは感染するためのファイル(寄生される宿主)が必要なのに対し、 トロイの木馬は単体でソフトウェアとして存在でき、感染するためのファイルを必要としません。

また、ウイルスは他のパソコンにも感染するために自分自身を複製する機能があるのですが、 トロイの木馬は、基本的には自分自身を複製する機能を持ちません。 これは、トロイの木馬が感染を悟られずに活動するために持っている特性です。

ちなみに例外的にトロイの木馬の特性とウイルスの特性両方とも持ち合わせたマルウェアも存在します。

  • 日本唯一のWeb専門スクールで最短でWebのプロへ
  • 新入社員も既存社員も即戦力を育成するIT研修
  • マンガでわかる!はじめてのインターネット・アカデミー
  • 2人のサクセスストーリー

トロイの木馬は「役に立つプログラムを装う」?

トロイの木馬の特徴は、 「役に立つ、又は少なくとも悪質とは思えないプログラム」であるかのように偽装されています。

パソコン用のスクリーンセイバーや画像ファイル、スマートフォンのアプリなど、 便利なプログラムやファイルに見せかけておいて、パソコンやスマホの持ち主を安心させ、 パソコンの中にダウンロードさせます。

しかし、最近のトロイの木馬は、偽装を行うことなくOS等の脆弱性 (コンピュータやソフトウェアの欠陥や弱点)につけ込んで、勝手にインストールされるものもあります。 この攻撃手法はドライブバイダウンロードと呼ばれています。

したがって、怪しいプログラムやファイルをダウンロードさえしなければ感染しない、 というわけではありません。

トロイの木馬に感染してしまった!

トロイの木馬に感染したというメッセージが表示されてしまったら、 まずは深呼吸して落ちつきましよう。

現実の病気と違い、悪意あるソフトウェアに感染しても、人が死ぬわけではありません。 落ちついたら、その後適切な手順を踏んでトロイの木馬を駆除しましょう。

トロイの木馬は、種類によってはOSの奥深くに入り込んでしまうものもあります。 しかし、きちんと適切に対処することで、駆除することが可能です。

トロイの木馬を駆除するために

以下はWindowsの説明となります。まず最初に、有名なセキュリティ会社が出している、 有料のセキュリティソフトを入れてパソコンをチェックします。 有料のものであれば、最初は無料体験版でも構いません。 無料体験版であっても有料のものと機能はほぼ同等です。

無料で提供されているセキュリティソフトでは機能に限界があり、 有料のものでしか駆除できないトロイの木馬も存在するからです。

以下のような有名会社のセキュリティソフトを用いれば、 多くのトロイの木馬は問題なく駆除できるはずです。

しかし、感染したトロイの木馬によっては、 OSの奥深くに入り込んでしまい、駆除に失敗することがあります。 「駆除できませんでした」のメッセージが表示された場合や、 駆除後に再び感染のアラートが出た場合、以下の措置を行って下さい。

まずは無料で提供されている「ノートン パワーイレイサー」を使用します。 具体的にはシマンテック社提供の強力なマルウェア駆除ツール 「ノートン パワーイレイサー」が有効です。

無料でインストール不要のため使いやすいという特徴があります。 しかし、強力なスキャンのため、正規プログラムが駆除対象となることがあります。 もっとも、一端削除したファイルでも過去の履歴から修復が可能なので、過度に心配する必要はありません。

それでも駆除できていない場合や、セキュリティソフトウェアのインストールが難しい場合、 セキュリティ会社が提供しているリカバリツールを使用してトロイの木馬を削除します。

それ以外の手段としては、個別の専用駆除ツールを使います。 トロイの木馬の種類によっては、専用の削除ツールがある場合があります。 セキュリティソフトから感染メッセージが出ている場合、トロイの木馬の名前が判明しているはずなので、 その名前を検索して、対応可能な削除ツールがないか探してみましょう。

それでも駆除できないなら...

Windowsのリカバリや、再インストールを行うことになります。

Windowsのリカバリは、購入時かバックアップした時の状態に戻す措置になります。 後から保存したデータは全て削除されてしまうので、必要なデータをバックアップしておく必要があります。

このような事態にならないためにも、OSやブラウザなどは常に最新の状態に保ち、 怪しいファイルやURLは開かないようにしましょう。

  • 日本唯一のWeb専門スクールで最短でWebのプロへ
  • 新入社員も既存社員も即戦力を育成するIT研修
  • マンガでわかる!はじめてのインターネット・アカデミー
  • 2人のサクセスストーリー