年末年始こそ仕事とプライベートの両方でセキュリティ対策を

年末年始こそ仕事とプライベートの両方でセキュリティ対策を

あっと言う間に2015年も終わりを迎えようとしています。 年末年始で忙しい方も多いのではないでしょうか? そんな忙しい今こそ、気を付けなければならないのがセキュリティ対策です。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

長期休暇前にすべきことと休暇後にすべきこと

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、12/21に「長期休暇における情報セキュリティ対策」というお知らせを発表しました。 このお知らせでは、タイトルにある通り、長期休暇中にこそ気を付けるべきセキュリティ対策について、企業の担当者向け、そして家庭向けに注意喚起を促しています。

たとえば、企業担当者向けには、長期休暇前にすべきことと休暇後にすべきことのリストアップが、組織内の一般社員向けにとるべき行動、そして家庭内でのセキュリティ犯罪予防についてが分かりやすく解説されています。 特に家庭内では、長期休暇中にSNSで旅行に行くなど不在の情報を不特定多数の人に発信することについての注意喚起なども含まれており、 技術的なことだけではなく、身近なインターネット利用行動の中で気を付けるべきことについても書かれています。

セキュリティっていっても何から始めたらいいかわからない、という方は、同ページ内の「情報セキュリティ 対策のしおり」ページを確認してください。 役立つ資料があるはずですよ!

年明けすぐに予定されているIE8のサポート終了も注意

2016年1月12日(米国時間)以降、最新バージョンのInterenet Explorer以外は、サポートとセキュリティアップデートが終了されます。 このIE8はセキュリティ攻撃を受けやすかったという性質がある上、さらにサポートを終了されるとなると、さらにセキュリティ攻撃の危険性も高まります。 (詳しくは過去のブログ記事「Internet Explorer 8のサポート終了まであとわずか」をご覧ください。) もしご家庭や会社でIE8がインストールされているPCがあったら、即座にアンインストールもしくは最新バージョンにアップグレードをするようにして下さい。

正しいセキュリティ対策やセキュリティを意識した行動で、楽しい長期休暇を過ごしましょう!