【初心者の疑問】そもそもプログラミングとは?Javaを例に説明します!

explanation-of-programming-with-java.jpg

「プログラミングに興味はあるけど、最初の一歩が踏み出せない」という方も多いのではないでしょうか。今回はJavaを例に取り、プログラミングとは何であるか、プログラミングでできることやプログラミング学習によって得られるものについてご説明します。プログラミング言語を学ぶことで、自分の可能性を大きく広げることができます。ぜひ参考にして、最初の一歩を踏み出してください。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

プログラミングとは?

explanation-of-programming-with-java_pic01.jpg

プログラムとは、コンピューターに実行させたい処理を記述した手順書のことです。プログラムを書くことをプログラミングと呼びます。プログラミングによってコンピューターの処理・動作を制御し、さまざまな機能を持ったアプリやシステムを開発することができます。

プログラムはそのままの状態では人間が理解できても、コンピューターには理解できません。Javaの場合、プログラムをコンピューターが理解できるように翻訳(コンパイル)してバイトコード(人間が書いたソースコードと、コンピューターが直接実行できるコードの中間の性質を持ち、中間コードとも呼ばれる)を出力します。プログラムを実行するときはJVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)で機械語(コンピューターが直接実行できる言語)に変換し、プログラムを実行します。

プログラミングで注意するポイントは、コンピューターはプログラムに忠実に動作するということです。プログラムがきちんと書かれていれば、コンピューターは期待通りに動作します。しかし、プログラムに不備があった場合は、人間のように機転を利かせて動いてくれません。プログラマーが起こりうるエラーを事前に予測し、そのエラー発生時の処理を記述しておく必要があるのです。

プログラミングで何ができる?

explanation-of-programming-with-java_puc02.jpg

プログラミングによって、コンピューターは大量のタスクを高速かつ正確に処理してくれます。プログラムを実行すれば、後はコンピューターが自動で処理を進めてくれるため、人間はその場にいる必要はありません。
例えば、全生徒の成績データをコンピューターに与えて、成績評価を行うプログラムを書くことも可能です。

Javaを使ったプログラミングの身近な例としてはアプリ制作があります。スマホアプリを始め、デスクトップアプリやWebアプリなどはJavaで開発されています。また、AIを搭載したロボットや物流の配送管理システム、スマート家電の組み込みソフトの開発などにもJavaが使われています。

今後プログラミングを学ぶと得?

explanation-of-programming-with-java_pic03.jpg

プログラミングを学び始めてから中級者、さらに上級者になるまでには、ある程度の時間と費用がかかります。しかし、長期的に見ればプログラミングを習得することで大きなメリットが得られます。

1つ目のメリットは、プログラミングを学ぶことで就職や転職が容易になることです。リクルートキャリアの発表によると、2017年11月の転職求人倍率で最も高かった職種がインターネット専門職(Webエンジニア含む)で、転職求人倍率は6.12倍となっています。プログラミングスキルを持っていることで、入れる会社の幅が大きく広がるのです。

2つ目は、仕事の効率化を図れることです。プログラミングの活用シーンは、IT・Web業界や専門職の方に限りません。プログラミングの考え方が身に付いていれば、ExcelのVBAでプログラムを組み、手のかかる仕事を自動化し、効率よく進めることができます。

3つ目は、自分でアプリやWebサービスを作れるようになることです。趣味の範囲内で楽しむこともできますが、うまくいけば副業化も可能です。これは趣味と実益を兼ねるケースと言えるでしょう。

以上のメリットを最大限に得るためには、数あるプログラミング言語の中から、自分に合ったものを選ぶ必要があります。プログラミングに興味はあるものの、特に学びたい言語が決まっていない場合はJavaを学ぶと良いでしょう。
Javaは「WindowsやMacOSといったプラットフォームを選ばない」「Androidの開発言語である」などの理由から、今後も高いニーズが見込める言語です。Javaスキルはさまざまなところで必要とされるので、初めに学ぶのにおすすめです。

おわりに

PCとインターネット環境さえあれば、いつでも誰でもプログラミングを始められます。一定のレベルに到達するには一筋縄ではいかないかもしれませんが、プログラミングをマスターすれば、さまざまな業界への就職・転職も有利になります。

プログラミングは学び始めが肝心です。インターネット・アカデミーのJava講座は、初心者の方がプログラミング学習の最初のハードルを越えるお手伝いをします。ぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

関連記事

初心者でもわかる、プログラミング言語「Java」でできること プログラミング初心者が勉強を始める前に知っておくべきこと プログラミングで副業♪プログラマー・エンジニアが副業するときのコツ 【社員教育】プログラミング研修を効果的に実施するポイント 【初心者入門編】プログラミングを学ぶならJavaから!その理由