【Java入門】なるほど納得!for文と拡張for文の違い

【Java入門】なるほど納得!for文と拡張for文の違い

「1から10までの数を足し合わせる」など、プログラムを書いていると、コンピューターに同じ処理を何度も実行させたいことがあります。このような繰り返し(ループ)処理に欠かせないのがfor文です。
今回はJavaの基本文法であるfor文、そしてfor文をコンパクトに書くことができる拡張for文について紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

for文

for文とは

for文

for文は繰り返し処理に用いられる文です。実行させたい処理の繰り返し条件を指定し、指定した終了条件に達すれば処理を終了し、次の命令に移ります。

【for文の書式】

for(初期化式; 条件式; 変化式){
 実行する処理
}

for文の「初期化式」「条件式」「変化式」について説明します。
初期化式は、変数の初期化に使われ、最初に1度だけ実行される式です。条件式は、処理を繰り返し行う条件を指定します。変化式は条件式で使用している変数の値を変更するときに使用し、中括弧内の処理が実行されるたびに変化式も実行されます。

for文の使い方

実際にfor文を使ってプログラムを書いてみましょう。1から10までの数を合計して結果を出力するプログラムは、以下のように書けます。

int sum = 0;
for (int i=1 ; i<=10 ; i++){
 sum += i;
}
System.out.println("1から10までの合計は" + sum );

拡張for文

拡張for文とは

拡張for文とは

J2SE 5.0以降では、従来のfor文よりコンパクトに書くことができる拡張for文が用意されています。拡張for文は、配列やコレクション(大きさが決まっていない配列のようなもの)の全要素に対して、順番に処理を行います。ただし、通常のfor文のように一部の要素を取り出す処理はできません。

【拡張for文の書式】

for (型 変数名: 配列名もしくはコレクション名){
 実行する処理
}

拡張for文の使い方

実際に拡張for文を使ってプログラムを書いてみましょう。以下のプログラムでは、配列numberから各要素の値を順番に取り出して合計を求めています。

int total = 0;
int number[] = {10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90, 100};
for(int score: number){
 total += score;
}
System.out.println("合計=" + total );

まとめ(for文と拡張for文の違い)

まとめ(for文と拡張for文の違い)

for文は指定した条件で繰り返し処理を実行する場合に使用され、多くのプログラムでも頻繁に使われる重要な構文です。繰り返す処理の内容を指定することができ便利で使いやすい反面、細かく指定しようとするとプログラムが長くなってしまう傾向にあります。

そこで、for文をコンパクトに書くことができる拡張for文が生まれ、冗長になりがちなfor文を簡潔にまとめられるようになりました。ただし、拡張for文は、先頭要素から1つずつ値を取り出す処理しかできない点に気を付ける必要があります。

おわりに

for文と拡張for文はJavaプログラムを組む際に必須のため、エンジニアやプログラマーを目指す方は早い段階で正しく覚えたい知識です。拡張for文はfor文で書くこともできますが、どちらも開発現場ではよく利用されるため、使いこなせるようにしましょう。 プログラミングは学び始めに正しい知識を身に付けることが肝心です。インターネット・アカデミーでは、初心者の方でも学びやすいよう工夫されたカリキュラムをご用意しております。つまずくことなく、知識と実践力を身に付けたい方はぜひお問い合わせください。

関連記事

【Java入門】何が違う?while文とdo while文の使い方

関連講座

Java講座 ITエンジニア総合コース

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム