副業・転職を目指す方へ

【初心者向け】PHPとは?PHPでできること&PHPとHTMLの違い

  • 2019/08/28
初心者にもおすすめのPHP

Webサイトやアプリを開発する上で欠かせないプログラミングですが、プログラミングプログラミング言語には数多くの種類が存在します。次々と新しい言語も生まれているため、プログラミングを初めて勉強する方の中には、「どの言語を学べばいいのだろう」と迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

初心者向けのプログラミング言語はいくつかありますが、初心者向けの言語の中でも特におすすめしたいプログラミング言語が「PHP」です。PHPを用いれば、文法が分かりやすく、マスターすればHTMLと組み合わせて様々な機能を持ったWebサイトを作ることができます。
そこで、今回はPHPを学ぶことでできることと、学ぶのにおすすめの方法についてご紹介していきます。

目次

PHPとは

PHPとは

PHPの正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」で、動的なコンテンツの作成に向いているプログラミング言語です。動的なコンテンツとは、同じURLであっても閲覧者の属性や時間帯などによって、表示される内容が変わってくるコンテンツを指します。例えば、動的コンテンツの代表であるブログにも、多くの場合PHPが使用されています。

また、HTMLと組み合わせて使用できることもPHPの特徴の1つです。HTMLはPHPと構造は似ていますが、動的なコンテンツを作ることができません。そのため、HTMLだけを勉強してもブログのように記事の更新やコメントの反映などが行えず、Webサイトの機能が制限されてしまいます。

なお、プログラミングの初心者にPHPがおすすめの理由は、文法も分かりやすく、基本的な文法を覚えてしまえば、簡単なプログラムをすぐに書くことができるためです。

「プログラムをたくさん書いて動かす」ということを繰り返しているうちに、プログラミングスキルは自然と向上します。習得に時間がかかる言語の場合、途中で挫折してしまう可能性がありますが、PHPであればそのような心配はありません。 次に、PHPを用いると,具体的に何ができるのかについて解説していきます。

PHPでできること

PHPでできること

PHPを使いこなせれば、お問い合わせフォームやECサイトの開発など、さまざまなことができるようになります。

お問い合わせフォームは、名前や質問内容などの必要事項を入力して送信することで、「送信しました」や「お問い合わせありがとうございました」などの自動返信する機能がついていますが、この一連の流れをPHPで実装することが可能です。

また、PHPを利用してECサイトなどにある「ショッピングカート」を作ることもできます。商品をいくつ入れたのか、その商品の金額はいくらなのか、自動的にカウント・計算することもPHPで実装可能です。

加えて、ブログは、新着記事を記事一覧ページの一番上に表示することが一般的ですが、PHPを使えばその操作を自動で行うことが可能です。

さらに、Webコンテンツの作成や管理を手軽に行うことができるシステムを「CMS(Contents Management System、コンテンツマネジメントシステム)」と呼びますが、CMSで有名な「WordPress」はPHPとMySQL(データベース)を利用しています。WordPressを利用してWebサイトを構築したい方は、HTMLやCSSと合わせてPHPも学びましょう。では、どのような方法で学ぶのが効率が良いのでしょうか。

PHP技術者認定機構の認定スクールで学ぶ

認定スクールで学ぶ

PHPをはじめとするプログラミング言語を使いこなすまでには、文法だけではなく、アルゴリズムも覚えなくてはなりません。全く知識のない状態で独学を始めても、どこから学べば良いか分からず、学習効率が上がらないことも考えられます。

そのため、初心者の方は独学ではなく、Webが学べるスクールに通うことをおすすめします。Webスクールの中には、PHP技術者認定機構で認定されたスクールがあるため、PHPのスクール選びの際は認定の有無も参考にしてみてください。

PHP技術者認定機構とは、PHP技術者の育成や技術向上を目的とした団体です。一定の条件を満たさなければ、PHP技術者認定機構認定スクールとして認められません。

PHPを教えるスクールは数多くありますが、PHP技術者認定機構の認定スクールには認定インストラクターが在籍しており、安心して指導を受けることができます。PHPを早く習得したいときは、認定スクールに通うことが一番の近道です。

PHP技術者認定機構の認定スクールで学ぶ

認定スクールで学ぶ

PHPをはじめとするプログラミング言語2を使いこなすまでには、文法だけではなく、アルゴリズムも覚えなくてはなりません。全く知識のない状態で独学を始めても、どこから学べば良いか分からず、学習効率が上がらないことも考えられます。

そのため、初心者の方は独学ではなく、Webが学べるスクールに通うことをおすすめします。Webスクールの中には、PHP技術者認定機構で認定されたスクールがあるため、PHPのスクール選びの際は認定の有無も参考にしてみてください。

PHP技術者認定機構とは、PHP技術者の育成や技術向上を目的とした団体です。一定の条件を満たさなければ、PHP技術者認定機構認定スクールとして認められません。

PHPを教えるスクールは数多くありますが、PHP技術者認定機構の認定スクールには認定インストラクターが在籍しており、安心して指導を受けることができます。PHPを早く習得したいときは、認定スクールに通うことが一番の近道です。

おわりに

PHPを使用できるようになると、動的コンテンツやお問い合わせフォームなど、HTMLだけでは不可能だった、様々機能を持ったWebサイトを作ることができるようになります。そんなPHPを効率よく学ぶのであれば、PHP技術者認定機構の認定スクールで学ぶことがお勧めです。

インターネット・アカデミーは業界初のPHP技術者認定機構の認定スクールであり、PHPを学べるPHP講座をご用意しています。その他にもプログラミング講座を多数ご用意しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Webサービス開発やWordPressに必須のプログラミング言語

PHP講座

企業ニーズが高く、様々なWebサービスを支えるシステムを構築するうえで、高い人気を誇るプログラミング言語です。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる