もうすぐAppleのWWDCがスタート!今年のキーワードはプログラミング!?

もうすぐAppleのWWDCがスタート!今年のキーワードはプログラミング!?

また今年も、Appleの開発者会議「WWDC(World Wide Developers Conference)」のシーズンがやってきました。
今年の「WWDC 2016」は、開催地サンフランシスコ現地時間にて6月13日から17日まで開催。
昨年は、Apple Musicの発表がありました。 今年は、Mac Book、iOSのアップデートなどがメインテーマではないかかと言われています。
オンライン中継は今年も公式サイトで行われますので、Appleファンの皆様は要チェックです!

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

WWDCのデザイン

個人的にはWWDCのデザインを毎年注目していて、昨年はグラデーションの使い方がとても印象的でした。(過去記事「次のWebデザイントレンドは「グラデーション」が来る予感!」をご覧ください。)

今年はいかに...と思っていたら、なんと黒バックでprint文が!!
そう、プログラミングコードっぽいデザインなんです。 今までのAppleらしくないと言えばそうですが、一方で今後Appleがプログラミング開発やアプリの提供に注力していくというメッセージなのだろうということが伺えます。

ちなみに、printの後の11行は、6秒動画投稿アプリ「Vine」や配車アプリの「Uber」といったアプリに関係しているという面白い記事をITmediaで見つけました。(参考:ITmedia「WWDC 2016公式サイトに現れた「Hello」文字列の意味は?」)

これらのアプリがAPIを公開してSiriとつながっていくことで、プログラミングの可能性もさらに広がっていくことでしょう。

やはり、今年はプログラミングの注目度が高い、そして盛り上がってきた印象があります。 特に、デザイン重視だったAppleのサイトで、ここまでプログラミングを大々的に取り上げたデザインにしているということ自体が、大きな証拠ではないでしょうか。
プログラム、学ぶなら今だと、ここ最近の業界動向を見ていて強く思います。 何の言語からでもいいので、プログラミングのスキル習得を早めに始めておきましょう!

関連リンク

WWDC 2016