Webプログラマーとは?Webプログラマーの仕事内容と年収

第四次産業革命スキル習得講座
Webプログラマーとは?

IT業界の拡大が進む昨今では、プログラマーに対する需要が増加しています。プログラマーには細かな分類がありますが、その中の1つとしてWebプログラマーという職種があります。今回は、Webプログラマーの仕事内容や年収についてご紹介します。

全授業、通学・オンラインを選べるプログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

Webプログラマーの仕事内容

Webプログラマーの仕事内容

Webプログラマーの業務は、Webサイトに特化したプログラミングが中心となります。システムエンジニアが設計した仕様書に沿って、Webシステムの開発を行います。また、Webプログラマーとしての経験が豊富な場合は、本来システムエンジニアが担当するような設計や全体管理などの業務にも携わることがあります。

例として、みなさまがよく利用しているインターネットショッピングサイトを挙げてみましょう。インターネットショッピングの場合、欲しい商品がある場合は検索欄でキーワードを入力し、商品を検索します。検索後はそのキーワードに合った商品が検索結果として表示され、クリックすると商品の詳細ページへ と移動することができます。

この一連の流れは、すべてWebプログラマーの構築したプログラムによって実行されています。つまり、Webプログラマーによって綿密に組まれたプログラムにより、ユーザーは快適にインターネットを利用できるのです。多くの人が利用しているSNSも、Webプログラマーの構築したプログラム上で処理が行われています。

このようなWebサイトを構築するためには、クライアントサイドとサーバーサイド、2つのプログラムが必要であり、Webプログラマーはその両方の開発に携わります。クライアントサイドのプログラムは、Webサイトを閲覧する人のためのプログラムで、ブラウザ上などで機能します。一方、サーバーサイドのプログラムは、インターネット回線を通じてデータのやりとりを行い、クライアントサイドへ、その要求に沿った処理を施した上で結果を送ります。この両方のプログラムをWebプログラマーが正しく開発することにより、Webサイトは正常に作動します。

1995年開校、日本初のWebデザイン・プログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。

Webプログラマーに必要な能力とは?

Webプログラマーに必要な能力とは?

Webプログラマーには、HTMLやCSSなどはもちろん、PHPやJavaScriptなどプログラミング言語を扱うスキルが求められます。プログラミング言語にはさまざまな種類があり、開発する内容によって使用する言語が異なります。そのため、マスターする言語は開発内容によって決めましょう。

ちなみに、需要が高く、初心者でも取り組みやすい言語はPHPです。その他の主要なプログラミング言語としては、テキスト処理に適しているPerl、移植性の高いJava、動的ページを作成できるASPなどがあります。

また、技術的な部分以外にも、優れたWebプログラマーになるための資質があります。例えば、自身の作業の進め方や作成するプログラミングについて、既存のやり方にこだわることなく、最良の方法を模索し続ける向上心です。Webプログラマーは、自分にとって未知の事態に直面したときでも、誰かに習おうという姿勢ではなく、自発的に答えを探していくことが求められます

Webプログラマーの平均年収

Webプログラマーの平均年収

Webプログラマーが活躍するIT業界は、年収の幅が大きいといわれています。特にWebプログラマーはクリエイター系の職種であるため、年収はスキルによってさらに大きく変動します。 厚生労働省が発表する「平成30年賃金構造基本統計調査」によれば、Webプログラマーの平均年収は601万円です(ボーナス、時間外手当含む)。これはあくまで平均であり、年収が1000万円を超えるWebプログラマーも多く存在しています。

また、「平成30年賃金構造基本統計調査」を見ていると、企業の規模によっても、年収が大きく変わってきます。例えば、10~99人規模の企業でのプログラマーの年収は338万円であるのに対し、100~999人規模では657.7万円、1000人以上では1055.5万円になります。 そのため、Webプログラマーの一般的な年収と言っても、企業の規模やご自身のスキルによっても大きく変わってくることがうかがえます。

厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」

Webプログラマーになるための学習方法

Webプログラマーになるには大きく分けて3つの方法があります。それは、独学で勉強する方法、Webプログラミング専門のスクールへ通う方法、そして企業としてプログラミング系のIT研修を実施する方法です。学ぶ上でこの3つの学習方法にどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

独学で勉強する方法

独学でプログラミングを勉強する場合、自分の好きなタイミング、ペースで勉強することができます。また、勉強する際の費用は書籍代くらいしか掛りません。しかし、独学の場合は現場で必要になってくるノウハウや最先端情報を知ることは難しく、プログラミングの練習をしている際にエラーが出てきてもどこが問題なのか気づくことが難しいです。初心者の方であればより問題解決に時間がかかり、挫折するケースも少なくありません。

プログラミングが学べるスクールへ通う方法

プログラミングが学べるスクールに通って勉強する場合、独学と比べ費用が掛かります。しかし、プロのインストラクターが指導してくれるので問題や疑問が出てもすぐに解決することができ、挫折することなく学ぶことができるというメリットもあります。

まずは自分にピッタリ合うプログラミングスクールを見つけましょう。 スクールを探す際は、幅広くいろんな分野が学べるスクールではなく、ITやプログラミングを専門とするスクールを中心に検討することがおすすめです。 なぜなら、ITやプログラミングを専門としているスクールでは、現場に必要なノウハウを強みにキャリアアップを見据えた学習ができるからです。 自分のキャリアや求めるスキルに悩みがあれば、無料体験レッスンや面談を実施しているスクールもあるので、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

そんな専門スクールの中でおすすめするのはインターネット・アカデミーです。インターネット・アカデミーは母体がWeb制作会社であり、官公庁や大学、大手企業のWebサイトの制作・開発を数多く手掛けています。 ですので、実際の現場で培われたプログラミングのノウハウをカリキュラムに取り入れることができ、実践の場でも応用が利くようになるのです。 また、海外にも支店があり、そこから集めてきた最先端の情報もカリキュラムに取り入れているので、世界に通用する技術を身に付けることができます。短期間でも即戦力になる人材になりたいと思っている方はインターネット・アカデミーを試してみてはいかがでしょうか。

全授業、通学・オンラインを選べるプログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

企業側でIT研修を実施してプログラミング人材を育てる場合

プログラミング人材を自社内で育てたいという場合は、IT研修を専門としている教育機関に依頼すると良いでしょう。 自社でプログラマーを育成する場合、開発現場のノウハウがなかったり、教え方によっては社員ごとに知識に隔たりが生まれてしまったりと希望していた通りに研修がうまくいかないことも多くあります。 技術的知識はもちろん、教え方に精通した教育機関にIT研修を依頼することで、効率よく社員全員のレベルを高めることができます。

そんな教育機関の中でもやはり、インターネット・アカデミーがおすすめです。インターネット・アカデミーのIT研修の最大の魅力は、完全オーダーメイドでカリキュラムやスケジュールをカスタマイズできることです。前述しましたが、母体にWeb制作会社があり、海外にも最新情報をキャッチアップするために拠点を構えているからこそ、様々なニーズに対応できるのです。 IT研修を専門としている教育機関に依頼したくとも企業様側が本来依頼したい内容と研修のカリキュラムにずれがあり依頼に踏み切れない場合も多いです。そんな場合はインターネット・アカデミーにIT研修を依頼してみてはいかがですか。インターネット・アカデミーでは厚生労働省からの人材開発支援助成金を利用することができるので、低コストでIT研修を導入することができます。

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

おわりに

Web業界ではシステム構築の需要が高い反面、Webプログラミングができる人材はまだまだ不足しています。自分の能力により収入が大きく変動するため、Webプログラマーは非常にやりがいのある仕事です。求人も多く、Webプログラマーになるきっかけは沢山あります。プログラミングに興味があり、腕試しをしてみたいという方におすすめの職種です。

インターネット・アカデミーは「東京藝術大学」「気象庁」など日本有数の制作実績を持つWeb制作会社「IBJ」が母体のスクールです。 最新のWebプログラミングの情報はもちろん、今まで蓄積してきた膨大なノウハウを使って、プログラミングが未経験からでも、短期間で最前線の現場で使えるスキルを身に付けることができます。 インターネット・アカデミーで仕事で役立つプログラミングスキルを学んでみませんか?Webプログラマーに少しでも興味のある方はぜひ、気軽にご連絡ください!

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー
未経験からWebデザイナー/エンジニアへ転身!自宅でも校舎でも!無料カウンセリング実施中 すべての研修が【 Liveオンライン配信 】に対応!オンラインでお打合せ・ご相談