システムエンジニアになるには資格は必要?SEにおすすめの資格

スキルを証明する

情報システム開発において、プログラミングによる実装工程よりも前の上流工程の業務を担当するエンジニアがシステムエンジニア(SE)です。現在、プログラマーとして活躍されている方でも、将来はSEとして上流工程を担当したいと考える方も多いでしょう。 今回はそのようなSEを目指している方やSEに興味をお持ちの方におすすめの資格をご紹介します。

新入社員の育成にお悩みをお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

https://www.internetacademy.jp/

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

目次

SE(システムエンジニア)になるには資格は必要?

SE(システムエンジニア)になるには資格は必要?

SEになるために特定の資格は必要ありません。資格を一切持っていないSEもいます。しかし、資格を取得することは自身のスキル向上だけでなく、対外的にスキルを証明する際に役立ちます。

また、毎月の給料に上乗せされる「資格手当」制度や一時的に支給される「合格報奨金」制度などを導入している企業もあります。難易度の高い資格ほど資格手当・合格報奨金の支給額は高くなるため、ぜひ資格を取得しましょう。

就転職、在宅ワークでの副業、スキルアップなど夢を叶えた人たちの事例は、こちらのページをチェック♪↓

Webスクールに通って、なりたい自分になろう

https://www.internetacademy.jp/

Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。

SE(システムエンジニア)におすすめの資格

IT系資格は主に「国家資格(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施)」か、「ベンダー資格(企業が実施する自社製品の知識・技能を問う資格)」のいずれかに分類されます。SEは業務内容によって求められる知識・スキルが異なるため、自身のキャリアプランに合わせて適切な資格取得を目指してください。

1.基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格)

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格)

IT系資格の中で最も多くのエンジニアが取得している資格です。毎年春と秋の2回実施されます。平成26年度の受験者は基本情報技術者が10万879人(合格率23.7%)、応用情報技術者が6万2,746人(合格率20.2%)でした。

「基本情報技術者試験」はITエンジニアの登竜門、「応用情報技術者試験」はさらなるレベルアップを図る方のための資格です。基本情報技術者試験は全問が多肢選択式ですが、応用情報技術者試験では午後の試験で記述式の問題が出題されます。

2.システムアーキテクト試験(国家資格)

以前は「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた国家資格です。アーキテクトとは設計を意味しており、「システムアーキテクト試験」は情報システムや組み込みシステムにおけるアーキテクチャーの設計をしたり、システム開発を主導したりするエンジニアを対象としています。

試験では情報システムと組み込みシステムに関する専門的な深い知識が求められます。平成26年度の合格率は15.0%と難易度の高い資格ですが、上級システムエンジニアを目指す方はチャレンジする価値があります。

3.ネットワークスペシャリスト試験(国家資格)

ネットワークスペシャリスト試験(国家資格)

ネットワークシステムの構築・運用に携わるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニア、またはそれを目指している方向けの資格です。

試験ではネットワークシステムの要件定義や開発・運用、保守に関する知識、ネットワーク・アプリケーション技術など、ネットワークに関するさまざまな知識が問われます。平成26年度の合格率は13.9%と難易度は高く、ネットワーク系エンジニアが持っていると心強い資格です。

4.オラクルマスター(ベンダー資格)

オラクル社製品の「Oracle Database」に関する技術を証明する資格です。Bronze・Silver・Gold・Platinumと4つのレベルがあり、Bronzeから順番に取得していきます。民間資格ですが、Silverからは世界共通規格となり、世界的に通用する資格です。

資格取得に報酬を用意している企業も多いため、データベース系のSEは自身のスキルアップだけでなく、給料アップも見込める魅力のある資格です。

試験運営団体

情報処理推進機構:情報処理技術者試験 情報処理推進機構:システムアーキテクト試験 情報処理推進機構:ネットワークスペシャリスト試験 日本オラクル社:オラクルマスター

資格の勉強をするには

資格の勉強に費やす時間があまりなく、自宅で隙間時間に勉強をされる方も多いと思います。しかし、時間がない方にこそ、スクールで学ぶことをおすすめします。スクールでは、ただ知識を身に付けるのではなく、全体を体系的に学習することができます。体系的に学習することで、資格勉強にとどまらず現場でも応用可能なスキルを身に付けることができます。スクールでは、試験対策にプラスして実践力も身に付けることができるため、時間がない方でも短い時間で今後に生かす能力を身に付けることができます。

インターネット・アカデミーでは現場に精通した講師が体系的な指導を行うことにより、最短で2週間から現場でも通用する知識を身に付けることができます。

Webデザイン・プログラミング・マーケティングを学びたい方は、こちらのページをチェック♪↓

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

おわりに

今回はITの知識・技能を問う資格をご紹介しましたが、IT系以外の資格取得もおすすめです。クライアントの悩みを解決へ導くことがSEの仕事であるため、「中小企業診断士」などのビジネス系資格も大いに役立ちます。

SEとして活躍するためには新しい技術・知識を貪欲に身に付けることが欠かせません。こつこつと積み重ねてきたスキルの確認も兼ねて、資格取得にぜひ挑戦してください。

Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、これまで25,000人を超える卒業生を輩出してきました。自分のペースとスタイルで学べるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就転職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。初心者の方から、さらなるスキルアップを目指す方まで、あらゆるサポートをさせていただきます。ぜひお気軽に無料体験レッスン・カウンセリングにお越しください。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー