ITエンジニアとは?ITエンジニアの仕事内容と年収

ITエンジニアってどんな職業?ITエンジニアの仕事内容と年収とは

ITが日常生活の中で欠かせないものになって久しいですが、ITエンジニアという職業がどういう職業かご存知でしょうか? ITエンジニアはIT関連の技術者たちの総称であり、ここでは具体的に4つの職種に分類して紹介いたします。

有村先生

ITエンジニアとはいったいどのような職種なのか、そして気になるITエンジニアの年収について気になる方、必読です!

全授業、通学・オンラインを選べるプログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

ITエンジニアとは

ITエンジニアとはInformation Technology(情報技術)の技術者たちの総称を指す職業です。エンジニアという言葉から理系の人材がする仕事だと思われる方が多いですが、ITエンジニアは文系でもなりやすい職業です。また後に詳しく述べますが、ITエンジニアはコンピュータができるだけでなく、コミュニケーション能力や文章力などのスキルも必要とされます。つまり、理系以外の方でもコンピュータが好きであったり、興味を持っていたりすれば誰でもITエンジニアを目指すことできるのです。

また、未経験でも知識やスキルを身に付ければ希望職に就職できる分野でもあるので転職しやすい分野でもあります。それではITエンジニアの中でも具体的に4つの職業「システムエンジニア(SE)」「プログラマー」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」を紹介いたします。

1995年開校、日本初のWebデザイン・プログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアはシステムの設計・製造・テストに一貫して携わり、 ソフトウェア製作の指揮を監督的な立場で行う職種です。 一般的にはプログラムを組んだり開発したりするイメージが強いですが、主な仕事内容はクライアントからの要求を明確にし、それによりシステムの仕様を確定させていくことです。

クライアントとの間に齟齬が生じることなくシステムを作り上げる必要があるのでコミュニケーション能力は必須です。 また、プログラマーに計画書を通じて正確にクライアントの要件を伝えなくてはならないので、論理的な文章能力も必要です。 このことから意外と文系出身の方も多くいます。 システムエンジニアは技術方面の知識だけでなくあらゆる方面でも能力を求められる仕事です。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニア(SE)の平均年収は、厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査(2019年)によると、569万円程度です。ただし、年齢やスキルレベルによっても年収の幅が大きく異なるのもこの職種の特徴で、「高度SE」と呼ばれるようなシステム全体の設計から携わることができる人材であれば、平均年収が700万円を超えていきます。

プログラマーとは

プログラマーは、システムエンジニアが考えたシステムやアプリケーションの設計に基づいて、 プログラミング作業をする職種です。 ですが、プログラマーはプログラミングに強いだけではなく、ほかの分野でも能力を求められることがあります。 システムエンジニアからの計画書を正確に読み取る力や、もし修正が必要な個所があったならそれに気づき指摘することも必要です。 また、ネットワークの接続やデータベース処理についての知識も必要です。

プログラマーの平均年収

プログラマーの年収の全体平均は414.6万円となっております。

  • 30代前半:約422万円
  • 30代後半:約455万円
  • 40代前半:約475万円
  • 40代後半:約516万円
  • 50代前半:約520万円

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアとは、システムを利用するサーバーコンピュータの設計・構築・運用保守を行う職種です。 サーバー構築はサーバーを使用するための設計作業のことです。 サービスを利用するユーザー数に合わせて、CPU・メモリ等のスペックを調整したり、 電源の利用量やコストバランスは適当であるかなどを考えながら設計しなければなりません。

また、サーバーの運用・保守ではサーバーを実際に運用し、定期的にログデータを観測し、その時の状況によって改良・管理をします。他にも、サーバーに何かしらの障害が生じた場合に原因を見つけ出し復旧作業を行ったりもします。 サーバーエンジニアはコンピュータシステムを陰ながら支える、なくてはならない重要な職種です。

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアの年収の全体平均は469万となっております。

  • 20代:392万円
  • 30代:527万円
  • 40代:554万円
  • 50代:684万円

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計・構築・運用・保守を行う職種です。 ネットワークの設計作業では、セキュリティやOS、サーバーなどに関する幅広い知識が必要です。

構築作業ではコストの無駄や問題点を改善するために、最新の製品や技術の動向などの知識が必要になってきます。 運用・保守作業も障害を取り除き、いち早く復旧させるためネットワーク全体を見渡す視野や幅広い知識が必要となってきます。

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの年収の全体平均は449万円となっております。

  • 20代:378万円
  • 30代:493万円
  • 40代:596万円

ITエンジニアは人材需要が高い!

経済産業省が発表している『IT人材需給に関する調査』によると、2018から2023年までで、IT市場は年平均約1.5%伸びる見込みがあります。 これは、日本の実質GDPの平均成長率(0.6~1.2%)よりも高いことから、IT業界は今後も将来性の高い業界であることがわかります。加えて、2030年までに日本では、最大78.7万人のIT人材不足になると予測されています。IT人材である、ITエンジニアは今後ますますニーズが高まっていく職種といってもいいでしょう。

ITエンジニアになるための学習方法

ここまで、様々な種類のITエンジニアをご紹介してきましたが、実際にITエンジニアになるためにはどうしたらいいでのしょうか? ITエンジニアになるための学習方法は主に独学、オンライン学習、専門のスクールに通う、会社の研修で学ぶという4つになります。では、この4つの方法はそれぞれ、どのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか。比較してみたいと思います。

独学でITエンジニアになる場合

独学でITエンジニアのスキルを学ぶ場合のメリットとしては、書籍代くらいしか費用がかからないので、ほかの方法よりもコストを抑えられることが挙げられます。また、ITエンジニアになるための学習を始めたいときにすぐできるので、自分の好きなペースで学ぶことができることもメリットの一つです。

しかし、独学ではプロのインストラクターがそばにいないので、疑問や不明点が出てきたとき解決するのに時間がかかってしまうという問題があります。特にプログラミングなどでは、参考書を見ても理解することが難しかったり、コードを実行してもタイピングミス等でエラーが頻繁に出てきたりするものです。 その時、どこが間違っているのかが分からず、どのように直せばいいのかといった対処ができずに挫折してしまう人も少なくありません。

オンライン学習でITエンジニアになる場合

オンラインでITエンジニアのスキルを学ぶ場合のメリットとしては、全国どこにいてもパソコンとインターネットさえあれば学習できる点です。専門スクールが近くになくITエンジニアについて学べる環境がない場合、どこでも受けることができるオンラインでの学習は便利です。

しかし、オンライン学習の場合、独学と同じくプロのインストラクターが近くにいないことから、疑問や不明点の解決に時間がかかってしまいます。また、一人で黙々とやる形になるので、どうしても勉強に対するモチベーションを維持することが難しくなります。 ですから、一般的にオンライン学習はプログラミングについての理解が難しくなったり、モチベーションが低下したりして、途中で諦める人の割合が非常に多いと言われています。

専門スクールに通ってITエンジニアになる場合

専門スクールに通ってITエンジニアのスキルを学ぶ場合、どこにいても受講ができるわけではありません。しかし、スクールに行けばプロのインストラクターが近くで指導してくれるので、疑問や不明点が出てもすくに解決することができます。また、スクールで会った仲間と切磋琢磨しながら学べるので、勉強へのモチベーションを保つことができるのです。ですので、専門スクールで学ぶ場合、挫折することなく学ぶことができます。ほかにも専門スクールだからこそ持っている現場で必要なノウハウを教えてくれるので、転職などでも大いに役立ちます。

そんな専門スクールの中でも特におすすめするのがインターネット・アカデミーです。インターネット・アカデミーの母体は、東京藝術大学や気象庁などWebサイトを手掛けた日本有数の制作実績を持つWeb制作会社です。そこで蓄積したWebサイトの開発スキルをインターネット・アカデミーのカリキュラムに還元しているため、未経験の方でも短期間で現場のノウハウを学習することができ、即戦力のITエンジニアになれるのです。また、インターネット・アカデミーは海外にいくつも支店を構えており、そこから世界の最新のIT情報を集めています。そして、集めた最新のIT情報をカリキュラムに反映しているので、世界を舞台にしても戦える現場の最先端の技術を学ぶことができます。

短期間で即戦力になるITエンジニアになりたいと思っている方は、インターネット・アカデミーの無料体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか。

全授業、通学・オンラインを選べるプログラミングスクール

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

会社の研修を通じてITエンジニアを育てる場合

新入社員向け、もしくは既存社員向けの研修を通じてITエンジニアを育てたいという場合、IT研修を専門としている教育機関に依頼することをおすすめします。自社でITエンジニアを育成しようとしても、ITエンジニアを育成するためのきちんとした体制作りができていないと、教え方が社員ごとにばらつきが出たり、現場に必要なノウハウが伝えきれていなかったりしてしまいます。IT研修を専門としている教育機関であれば、必要なノウハウやスキルを身に付けられることはもちろんのこと、社員によってレベルの差があっても、受講者一人ひとりに適切な課題を出すことできるため社員全員のスキルを高めることができます。

そんな、教育機関の中でもやはりインターネット・アカデミーをおすすめいたします。

インターネット・アカデミーはIT研修専門の教育機関の中でも珍しく、スケジュールだけでなくカリキュラムも企業に合わせて細かくカスタマイズすることができる、完全オーダーメイド制も採っております。研修内容も日本有数の制作実績を持つWeb制作会社であることや海外に支店を展開していることも生かし、世界に通用する最先端の内容を取り入れています。厚生労働省が定める人材開発支援助成金を利用することができますので、インターネット・アカデミーでの低コストで質の高いIT研修を検討してみてはいかかでしょうか。

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

参考

最先端の職種・ITエンジニアのお仕事とは? 【全6種類】ITエンジニアと呼ばれる職種を徹底解説! 平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) ITエンジニアの年収を解説!「平均年収.jp」 あなたが目指すのはどれ?ITエンジニアの種類大解剖

まとめ

いかがでしたか?ITエンジニアといっても様々な職種があります。そしてこれはまだほんの一部です。 IT系の産業は急速に進歩しています。それに合わせてこれからもITエンジニアは様々な分野において発展していくでしょう。 実際にIT関連の求人は数年前から売り手市場が続いています。多くの企業では即戦力となるITエンジニアを求めています。

独学でITエンジニアを目指すこともできますが、専門のスクールで短期間のうちに最新技術習得するのはいかがでしょうか。 インターネット・アカデミーではITエンジニアになるための多くのプログラミング講座を開講しています。 たとえば、初心者から学び始めるのであれば、「ITエンジニア入門コース」がおすすめです。少しでも興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー