ビットコインとは?ビットコインを支えるブロックチェーンの仕組み

ビットコインを支えるブロックチェーン

日本では正式な貨幣として認められていなかった仮想通貨ですが、今後は正式なものとして認められる可能性が出てきました。各メディアの報道によれば、政府は、ビットコインなどの仮想通貨について盛り込んだ賃金決済法改正案を今国会に提出する予定です(※2016年4月時点)。

今回はビットコインとはどのようなものであるか、そしてビットコインを支えるブロックチェーンについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

ビットコインとは

ビットコインとは

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りされる通貨のことです。仮想通貨の数は200種類以上ともいわれますが、ビットコインは仮想通貨の中で最も人気があります

ビットコインのきっかけを作った人物がSatoshi Nakamotoです。Nakamoto氏は2008年に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文を発表し、ビットコインの仕組みを初めて提示しました。ただし、彼の名前が本名であるのか、そしてどのような人物であるのかはよく分かっていません。

ビットコインを支える仕組み「ブロックチェーン」

ブロックチェーン

日本では日本銀行が貨幣の発行及び供給量を管理しています。しかし、ビットコインに管理者はいません。それでは、誰がビットコインを発行するのでしょうか。

ビットコインでは、ビットコイン採掘ソフト(ビットコインクライアント)がビットコインを発行します。ビットコインを理解するためには、金の採掘をイメージすると良いでしょう。金の価格は政府ではなく、需要と供給の関係によって決まります。また、金の埋蔵量には限りがあります。

ビットコインの場合も同様です。採掘ソフトによりビットコインの供給量が調整され、需要と供給の関係により価値が決まります。ビットコインの発行量上限は2,100万BTC(BTCはビットコインの貨幣単位)と定められています。

採掘ソフトをインストールすることでビットコインネットワークに参加できます。このビットコインネットワークにおける公開取引簿のことを「ブロックチェーン」と言います。新しい取引(トランザクション)が行われるたびに、取引記録が鎖状に次々追加されていくことがその由来です。

ビットコインに管理者がいないことから分かるように、ブロックチェーンは中央集権型ではなく分散型コンピューターネットワークです。ビットコイン採掘ソフトをインストールしている世界中のコンピューターにデータを分散しているため、データの破壊や改ざんが困難な仕組みになっています。

ブロックチェーンの署名に用いられる公開鍵暗号

署名に用いられる公開鍵暗号

また、ブロックチェーンの署名に公開鍵暗号を用いることにより、なりすましを防いでいます。公開鍵暗号とは、対になる2つの鍵でデータの暗号及び復号化する暗号方式です。

公開鍵暗号では、暗号化に用いる暗号鍵(公開鍵)と復号化に用いる復号鍵(秘密鍵)を使用します。公開鍵は公開し、秘密鍵は他人に知られないように管理します。公開鍵で暗号化されたメッセージは、公開鍵と対となる秘密鍵以外では復号化できません。

例えば、AさんからBさんにメッセージを送信する場合を考えてみましょう。

送信者Aは受信者Bの公開鍵で暗号化してメッセージを送信します。Bはこのメッセージを自分の秘密鍵で復号化して内容を確認することができます。万が一第三者にメッセージを盗み取られても、B以外は秘密鍵を持っていないため、メッセージの内容を解読されることはありません。

しかし、秘密鍵が知られてしまうと危険です。ギフト用ビットコインのQRコード(秘密鍵の側)がアメリカのテレビ番組で放送され、ビットコインが視聴者に盗まれてしまったという事例があります。

大手ビットコイン取引所が破たんした事件では、ビットコインの秘密鍵が第三者に知られたことにより、数百億円相当のビットコインが消失しました。

おわりに

これまでの日本政府は「仮想通貨は通貨に該当しない」という立場であったため、業界団体の自主規制があるのみでした。しかし、賃金決済法改正案が成立した場合、金融庁の監督を受けることになります。仮想通貨が安全な通貨として広く使われる日も近いでしょう。

仮想通貨を利用する場合は、仕組みやセキュリティについて学ぶことが重要です。仮想通貨には最新のIT技術が採用されているため、興味のある方はスクールでITを勉強されることをおすすめします。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム