Linuxとは?インフラエンジニアの主力「Linuxエンジニア」になろう!

Linuxとは?インフラエンジニアの主力「Linuxエンジニア」になろう!

普段利用するPCには、コンピューターの基本的な制御や管理を行う「OS(オペレーティングシステム)」が搭載されています。WindowsやmacOSの他に、Linux(リナックス)と呼ばれるOSがあることをご存じでしょうか。今回はLinuxの概要と利用シーン、そしてインフラ分野で活躍するLinuxエンジニアについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Linuxとは?

Linuxとは?

Linuxは、1991年にリーナス・トーバルズによって開発されたOSです。当時大学生だったトーバルズは独自にOSを開発し、インターネット上で無料公開しました。Linuxはもともとトーバルズが自分のPCのために開発したOSですが、現在では業務システムをはじめ、サーバーや組み込みシステムなど利用範囲が拡大しています。

Linuxとは、厳密にはOSの中核部分にあたるLinuxカーネルを指します。トーバルズが開発したのもLinuxカーネルです。一方、LinuxカーネルとアプリケーションやライブラリをまとめたものをLinuxディストリビューションと呼びます。一般的にLinuxという場合は、Linuxディストリビューションを指します。

Linuxはどのような場面で役立っているのか

Linuxは具体的にどのような場面で役立っているのか、その一部を見てみましょう。

アプリケーション(アプリ)開発

アプリケーション(アプリ)開発

Linuxを活用した業務アプリ開発やAndroidアプリ開発が可能です。Linuxではさまざまなプログラミング言語を利用することができます。WindowsやmacOSでよく利用されているプログラミング言語はLinuxでも使えると思って良いでしょう。Linuxに対応した統合開発環境(ソフトウェを開発するための環境)も多く、快適にプログラミングを進められます。

サーバー構築

OSは、ユーザー端末で利用されるクライアントOSとサーバーで利用されるサーバーOSに分類されます。サーバーOSはファイル共有、メール送受信、プリンター制御といった機能を受け持ちますが、OSにLinuxが採用されることが多々あります。

Linuxは、コードが公開されて無償で利用可能な「OSS(オープンソースソフトウェア)」であり、サーバーの開発コストを抑えられます。大規模なシステムでは複数のサーバーを構築・運用するため、Linuxを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。システム運用後のトラブルが心配という場合は、有償サポート付きのLinuxを利用する方法もあります。

電化製品や自動車などの組み込みシステム

あらゆるモノとインターネットがつながる「IoT(Internet of Things)」時代を迎え、Linuxには組み込みシステム分野で大きな期待が寄せられています。組み込みシステムはPCのような汎用システムとは異なり、特定の機能を実現するために設計されたシステムです。

例えば、テレビ、冷蔵庫、エアコンといった電化製品が組み込みシステムに該当し、これらにはLinuxが搭載されています。2018年1月、大手自動車会社が車載情報機器にAutomotive Grade Linux(AGL)を全面採用すると発表し、今後の動向が注目されます。

Linuxのスキルを活かせる仕事は?

Linuxのスキルを活かせる仕事は?

Linuxのスキルを最も活かせる仕事はITエンジニアです。Linuxが必要とされる場面は増えているにもかかわらず、Linuxを使いこなせる人材は不足しています。また、インフラ系エンジニアは常に需要があり、景気にあまり左右されません。
国税庁の「平成28年分民間給与実態統計調査結果」によると、情報通信業の業種別平均給与は全体の3位(575万円)であり、年収も期待できます。キャリアを重ねれば、自らの市場価値を高めることができるでしょう。

Linuxを基礎からしっかりと学んでLinuxエンジニアになりたいという方は、スクールの利用がおすすめです。スクールで実機に触れながら、Linuxを効率良く学習することができます。サーバーの基本的な知識はもちろん、トラブル対応の方法についても学べるため、キャリアアップを目指す方にも向いています。

おわりに

Linuxは社会インフラや企業の情報システムに欠かせない存在です。Linuxのスキルは、キャリアに有利に働くことは間違いありません。Linuxをマスターする秘訣は、効率の良い方法で基礎からしっかりと学ぶことです。スクールは真剣に勉強したいという思いをバックアップします。

インターネット・アカデミーの「サーバー講座」は、現場で必要とされるLinuxサーバーの構築・運用の知識を学ぶことができます。また、インターネット・アカデミーはLinuxエンジニアの技術力を認定するLPI-Japanの認定校でもあるので、確実にスキルを身に付けることができます。随時、無料体験レッスンも実施しているので、授業の雰囲気やレベル感を知ることも可能です。Linuxを通して、ITエンジニアを目指している方、ぜひお気軽にご連絡ください。

関連講座

サーバー講座

関連記事

【Linux研修】LPICの勉強は企業研修で!Linuxの資格対策講座

参考サイト

国税庁「平成28年分民間給与実態統計調査結果について」

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム