PWA(Progressive Web Apps)とは?PWAの機能や導入メリットを徹底解説!

PWA(Progressive Web Apps)とは?PWAの機能や導入メリットを徹底解説!

Webサイト制作の現場において、「PWA(Progressive Web Apps)」という単語がトレンドになっています。PWAはスマートフォンにおけるWebサイトとユーザーとのエンゲージメントを高めてくれることや、Webマーケティングへの効果が期待されています。 今回は、PWAの機能や導入メリットについて徹底解説していきます。ぜひご一読ください。

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

目次

PWAとは?

PWA(Progressive Web Apps)とは、モバイル端末上で、Webサイトをスマートフォン向けアプリのように使える仕組みのことです。Googleが提唱し、普及に力を入れています。PWAを導入することで、ホーム画面へのアイコンの追加やプッシュ通知(メールやLINEの通知 etc.)など、スマートフォンアプリの特徴的な機能を、Webサイトに追加することができます。そのため、ユーザーはアプリを起動するようにWebサイトを閲覧・利用することができるようになります。

PWAの機能とは?

この章では、PWAの具体的な機能についてご紹介します。

ホーム画面にアイコンを表示できる

スマートフォンなどのホーム画面に、Webサイトに直接アクセスするためのアイコンを表示することができます。
通常のアプリのようにアイコンをタッチするだけでWebサイトを開くことができるため、ユーザーとしては容易にサイトへアクセスすることができるようになります。

プッシュ通知が可能

プッシュ通知が可能

Webサイト運営側がユーザーにお知らせなど新着情報を伝えたい場合、プッシュ通知は有効な方法の1つです。従来のWebサイトではプッシュ通知はできませんでしたが、PWAを導入することで可能になりました。(2019年1月現在ではChrome+Androidの環境に限られています。)

Webサイト表示の高速化・オフライン対策

PWAの重要な特徴の1つに、オフライン・サポートがあります。 外出中は、インターネットに接続できなかったり、インターネット接続が不安定であったりします。せっかくユーザーがWebページにデータを入力していたにも関わらず、インターネット接続の影響でページを更新した際にデータが飛んでしまえば、ユーザーは不快に感じてしまい、再入力の手間を惜しんでしまうかもしれません。
しかしPWAを導入したサイトであれば、一時的にWebサイト閲覧に必要なデータをブラウザなどに保存しておくことができるため、高速にWebサイトを表示したり、オフライン状況でもWebサイトを閲覧したりすることができるのです。

PWAのコンセプトは「Webアプリでネイティブのモバイルアプリと同等のユーザー・エクスペリエンスの提供を目的とする」、つまり、もともとスマートフォンに組み込まれているアプリケーションと同様にユーザーが使用できることを目的としています。そのため、PWAを導入すれば、Webサイトもオフラインで閲覧することができたり、インターネットの速度に関わらず高速にWebサイトを表示することができたりするため、ユーザーの高い満足度を得ることができる可能性を高められるのです。

PWAを導入するメリットは?

Webサイトにアプリ機能を実装できるPWAですが、Webサイト運営者がPWAを導入するメリットには次のようなものが挙げられます。

アクセス数の改善

アクセス数の改善

メリットの1つとして「ユーザーのサイトアクセス数の改善が見込める」ことが挙げられます。
「PWAの機能とは?」で紹介しましたが、PWAを導入することでWebサイトのアイコンをホーム画面に表示することができます。ユーザーはアイコンをタッチするだけで簡単にWebサイトを閲覧することができるため、ブラウザで検索する場合に比べてサイトへのアクセスが容易になります。ひと手間省けるわけですからアクセス数の増加が見込めると言えるのです。

日経新聞の電子版サイト「日経電子版」では、PWAの導入により、ホーム画面にアイコンを追加したユーザーのアクセス数を約2倍にまで増やすことができたそうです。

サイト直帰率の減少

PWAの導入によって、Webサイトの高速表示化やオフラインでのサイト閲覧が可能になり、「ユーザーのサイト直帰率の減少」が見込めます。直帰率とは、「ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション(訪問)の割合」のことです。つまり、最初に表示されたWebページしか閲覧せずにサイトを離れた人の割合を指します。 マイナビニュースによると、Webサイトの読み込み時間が2秒まではユーザーの直帰率が9%程度でとどまる一方、5秒になると38%まで増加するという調査結果が出ています。 サイト読み込み時間に伴って直帰率が増加する傾向がみられるので、サイトの読み込み時間を短くすることでユーザーの直帰率を抑えることが期待できるのです。

アプリサイトの審査が不要

通常のアプリの場合、アプリを使えるようにするときにApp StoreやGoogle Playの審査が必要なため、配信するまでにはコストや時間がかかってしまいます。しかし、PWAを導入すればアプリサイトの審査が不要でWebサイトから直接インストールしてもらうことが可能なため、手軽に、そして素早く配信することができます。

PWA導入にあたって注意すべきポイントは?

iOSでは機能に一部制限がある

iOSでは機能に一部制限がある

iOSではAndroidに比べて次のような制限があるため、注意が必要です。

  • オフラインのデータ容量は50メガバイトまでに制限される。
  • プッシュ通知、アイコンのバッジ、Siriの統合は使えない。
  • アプリ内課金やその他のAppleサービスにアクセスできない。

PWAの活用事例「日経電子版」

日経電子版は日本経済新聞の電子版サイトです。 「Webページの表示速度をあげる」という1つの指標を掲げた際、必然的にService Worker(PWAに欠かせない技術)が選択肢に挙がり、PWAの導入に至りました。 導入の成果は以下のようです。

  • パフォーマンスが2倍に改善
  • 読み込み時間が75%改善

PWAを導入することはWebマーケティング対策にもなるため、企業担当者の方は導入を検討してみても良いでしょう。

Web専門のスクールでPWAを学ぼう!

PWAを導入することで、Webサイト運営者はWebサイトへのアクセス数や問い合わせ数などを改善することが期待できます。しかし、導入する際にはPWAについてだけでなく、HTMLやCSS、JavaScriptはもちろん、サーバーやネットワークなどのサイト制作に関わる幅広い知識やスキルが必要です。というのも、PWA導入初期には様々なバグの修正やソースコードの最適化などをしていかなければならないからです。PWAを大いに活用するためにも、HTMLの基礎からPWA対応まで体系的にWebの知識を学ぶことが欠かせません。
体系的なWebスキルを効率的に習得したい方にはWeb専門のスクールがオススメです。学習に行き詰ったときに、専門のスクールに通っていればその場ですぐに解決できますし、さらなるスキルアップも期待できるでしょう。

おわりに

PWAについて、機能や導入メリットなどをご紹介しました。PWAを導入することで、Webサイトでさらなる成果が期待できます。個人でWebサイトを運営されている方や企業のWeb担当の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

インターネット・アカデミーは、日本初のWeb専門スクールです。母体であるWeb制作会社のノウハウをカリキュラムに還元しており、実践に即したWebスキルを効率よく習得することができます。個人の方はもちろん、法人の方向けにもPWA対応などの最新のWeb技術に対応したWebサイト制作・運営に関する講座もご用意しております。研修ではカリキュラムのカスタマイズにも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム
デザインを学びたい方にオススメ無料カウンセリング 2020年度新入社員研修 早期割引キャンペーン法人向けIT研修のご相談