イラストレーターとは?気になる仕事内容・資格・年収について

イラストレーターとは?気になる仕事内容・資格・年収について

皆さんは「イラストレーター」と聞いて、どのような仕事を想像しますか。イラストレーターが活躍する舞台は、ポスターや広告、パッケージ、Webサイトなど私たちにとって身近なところから、工業や医療など専門的な分野まで多岐にわたります。今回は、イラストレーターの仕事内容や必要な資格、年収についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

イラストレーターとは?

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターとは、雑誌などの紙媒体やWeb、ソーシャルゲームなどで使われるイラストを描く人のことを指します。

イラストレーターの主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてイラストを制作し、提供することです。制作するイラストは、ポスターや商品パッケージ、Webサイトや雑誌の挿絵など身近なものが主です。 さらに専門的な分野を担当するイラストレーターも少なくありません。工業製品のマニュアルに掲載する図柄などを描く「テクニカルイラストレーター」や、医療関係に特化した「メディカルイラストレーター」などもいます。

このようにイラストレーターは携わる業界によって異なるジャンルのイラストを制作しています。 一般的には、制作会社やプロダクションに所属し、会社員イラストレーターとして仕事を始めるケースが多くみられます。実績と経験を積んで、フリーランス(独立)の道を歩む方もいます。

イラストレーターになるには資格が必要?

イラストレーターになるには資格が必要?

イラストレーターとして仕事をするために必要な資格はありません。しかし、イラストレーターの世界は、時代性や流行に左右されやすく、同業者間の競争も常に激しい業界です。制作物のクオリティーはもちろん、トレンドを掴む感度の高さも求められます。

また、必須ではありませんが、持っていればプラスになる資格がいくつかあります。「各種グラフィックツールの取り扱い方が分かっている」「グラフィック制作の手法・技法が身についている」など、資格を取得していると企業やクライアントに対して知識やスキルを客観的に証明することができます。

持っていると有利な資格の例

イラストレーターを目指す方におすすめの資格を2つご紹介します。 ※試験情報は2018年6月現在のものです。

1.Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、画像編集ソフト「Photoshop」の操作技能を測る検定制度です。サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催し、随時受験を申し込むことができます。 認定基準には「スタンダード」「エキスパート」の2段階があり、試験形式はスタンダードが実技・実践、エキスパートは実技・実践に加えて知識も問われます。

2.Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、グラフィック制作ツール「Illustrator」の操作スキルを測る検定です。こちらもサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催していて、いつでも受験を申し込むことが可能です。 認定基準には「スタンダード」「エキスパート」の2段階があり、スタンダードは実技・実践、エキスパートは実技・実践・知識の3分野が出題されます。

イラストレーターがイラストを制作する場合、PhotoshopやIllustrator以外のペイントツールを使うケースもあります。しかし、画像を編集する際にはPhotoshopやIllustratorを使うことが多いため、この2つのツールには慣れておいたほうが良いでしょう。

イラストレーターの年収はどれくらい?

イラストレーターの年収はどれくらい?

イラストレーターの年収は、制作会社やプロダクションに勤めている方の場合、300~500万円が相場です。フリーランスとして仕事をする場合は、作品の評価が収入を左右します。

高い評価を得て制作物の単価を上げるには、制作実績の他にもスキルや知識をアピールできる手段を持っていると良いでしょう。 日頃からスキルを磨き、先ほどご紹介した資格を取得することも検討してみてください。

イラストレーターとしてスキルアップやキャリアアップを目指すなら、スクールに通ってインストラクターからアドバイスをもらったり、Webサイト制作など仕事の幅を広げるべくスキルアップにチャレンジしたりすることをおすすめします。

おわりに

今回は、イラストレーターの仕事内容や資格、年収についてご紹介しました。イラストレーターとして第一線で活躍するためには、スクールでPhotoshopやIllustratorの使い方を習得するだけでなく、さらにWebサイト制作など仕事の幅を広げることに役立つスキルを学ぶことをおすすめします。

インターネット・アカデミーは、母体にWeb制作会社を持つデザイン専門のスクールです。IllustratorやPhotoshopの使用スキルはもちろん、制作会社で培ってきた実践的なデザインノウハウも同時に身につけることができます。無料体験レッスンや個別相談では適職診断を受けることもできますので、クリエイティブな仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

関連講座

Photoshop講座 Illustrator講座

関連記事

【デザインを仕事にする】デザイナーとは何をする人?種類と仕事内容をご紹介 イラストレーターになるには?仕事には何が必要?スクール(学校)でキャリアアップのすすめ

関連ページ

無料体験・個別相談のお申込み

参考ページ

Photoshopクリエイター能力認定試験 Illustratorクリエイター能力認定試験

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム