UXとは?成功したUXデザインの事例をご紹介!

UX-design-success.jpg

「UXデザイン」という考え方が、近年ビジネスの中で重視されるようになってきています。アメリカの統計では、97%の企業がUXはビジネスの中で重要と考えているという調査結果も発表されています。このようにUXの重要性は叫ばれているものの、「UXデザイン」とは具体的にどのような考え方なのか具体的に分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、UXとは何なのかということを、ビジネスの活用事例と共にご紹介しています。「UXデザイン」を初めて聞いたという方も、聞いたことがあるという方も、本記事で「UXデザイン」について学び、今後のビジネスでぜひ役立ててください。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

UXデザインとは

UX(ユーエックス)は、User Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略で、日本語では「ユーザー体験」と訳されています。ユーザー体験とは、ユーザーが製品やサービスを利用することによって受ける印象のことを指します。そして、そのユーザー体験をデザインすることを「UXデザイン」と言います。主にUXデザインの考え方は、システムや製品などの開発で使われる考え方です。

UXを構成する要素として、UI(ユーザーインターフェース)があります。UIとは、製品が持つ形やフォルム、操作画面などを指し、UXはそれを利用した時にユーザーが抱く感覚や感情のことです。UIはUXを高めるための1つの要素になります。

身近なUXデザインの例

ここで、身近な例として、UXデザインを取り入れた企業の例を見てみましょう。

コカ・コーラのスマートフォン用アプリ「Coke ON」

UX-design-success_pic01.jpg

「Coke ON」HVは、スマホ自販機(Coke ON対応自販機)と接続して、ドリンクを購入するごとにスタンプを集めることができるスマートフォン用アプリです。15個スタンプをためると、スマホ自販機で好きなドリンク1本と無料で交換することができるドリンクチケットを獲得することができます。「Coke ON」は、なんとリリースからわずか1年で400万ダウンロードを突破する程人気を博しています。

このアプリを使用することで、ユーザーはスタンプを集めることが楽しい、スタンプを集めてドリンクをもらうことができて嬉しい、というポジティブな印象を抱きます。そのユーザー体験が最終的には、自動販売機で飲み物を買うこと、そしてコカ・コーラに対するイメージの向上につながり、顧客満足度の向上やブランディングに影響します。

つまり、アプリを通じ、良いユーザー体験を創出する=UXデザインを行うことで、コカ・コーラのブランディングと売り上げの増加を狙っているのです。

LINE

UX-design-success_pic02.jpg

スマートフォン用アプリの開発ビジネスでは、UXデザインを高める要素として、UI(ユーザーインタフェース)、機能、仕様、グラフィックデザインが一般的に挙げられます。例えば、スマートフォン用の無料メールアプリであるLINEでは、若者からお年寄りまで誰もが使いやすいようなUIの設計をしたことで、従来のメールアプリよりも気軽に相手と会話することができるというユーザー体験を提供しています。

具体的には、従来のメールアプリでは、自分の送ったメッセージや相手から受信したメッセージをそれぞれ受信フォルダや送信フォルダを開いて別々に確認する必要がありました。LINEでは、発言の順にメッセージが縦に並んで表示されていくので、会話の流れを一つの画面で確認することができます。また、スタンプや数人で会話をすることができるグループ機能により、言語に頼らない気軽なコミュニケーションを行うことができます。

このようなUXデザインの工夫により、2016年現在で国内では約70%の人々がLINEを使用しており、爆発的なヒットを記録しています。

クックパッド

UX-design-success_pic03.jpg

クックパッドのスマートフォン用アプリは、ユーザーが「またこのアプリを使いたい」という気持ちになるように設計されています。例えば、「料理きろく」という機能はスマホから料理写真だけを自動で抽出し、自動で毎日の料理記録を作成してくれます。ユーザーは料理記録を確認することにより、家族の栄養管理や献立の作成を以前よりも容易にすることができるようになり、クックパッドアプリに対して「便利でまた使いたい」という気持ちを抱くようになります。

「料理きろく」以外にも、たくさんの良質なユーザー体験を生む工夫を行い、クックパッドはほかの料理アプリとの差別化を図っています。その結果として、クックパッドのユーザー数は628万人であり、料理アプリの中でのユーザー数は断トツの1位となっています。

ビジネスにおけるUXデザインの重要性

消費者やユーザーがプロダクトやサービスを通して得た体験は、企業や商品のイメージに直結します。よって、UXデザインをすることで、企業や商品に対する良いイメージをユーザーに抱かせることができれば、競合他社と自社を差別化することができます。そのため、ただ良い商品やサービスを作るということだけでなく、「どんなユーザー体験を提供できるか」を考えることが、ビジネスの成功を左右する重要なファクターになってきています。

まとめ

近年ビジネスにおいて、業界やサービス、商品の内容にかかわらずUXデザインが欠かせないものになりつつあります。競合他社との差別化を図るためにも、優れたUXデザインを行い顧客満足度を高めていく必要があるでしょう。

Web・IT専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、企業向けの研修としてUI/UX講座をご用意しております。講座内容やスケジュールは、企業様のご要望に合わせ、カスタマイズして提案いたします。また、UI/UXに関する研修はもちろんのこと、企業戦略を成功に導くためのITコンサルティングサービスも行っております。UXデザインに関してお困りの方や、IT研修を検討されているご担当者様はぜひお気軽にお問合せください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム