副業・転職を目指す方へ

WebクリエイターとWebデザイナーの違いとは?Webクリエイターの仕事内容と年収

  • 2022/09/06
Webクリエイターとは?Webクリエイターの仕事内容と年収

WebクリエイターとWebデザイナーの違いについてご存じでしょうか。この2つの職種は混同されがちですが、仕事の内容に違いが見られます。今回はWebクリエイターとWebデザイナーの違い、そしてWebクリエイターの仕事内容と年収についてご紹介します。

目次

Webクリエイターとは?(Webデザイナーとの違い)

Webクリエイター

Webクリエイターとは?(Webデザイナーとの違い)

Webクリエイターとは、WebサイトやWebコンテンツの制作作業全般を行う職業のことを言います。クライアントの希望や目的を叶えるため、どのようなWebサイトやWebコンテンツが必要かを検討します。

Webデザイナー

Webサイトのコンセプトに合わせてWebページをデザインする職業がWebデザイナーです。ただ単にWebページをデザインするのではなく、クライアントの意図をきちんとくみ取った上でデザインしなければなりません。また、コーディングやWebページ用の画像、写真、イラストなどの選定・制作を行うこともあります。

Webクリエイターとデザイナーの違い

WebクリエイターとWebデザイナーは混同されがちですが、厳密に言うと異なります。主にWebサイトのビジュアル面を担当するのがWebデザイナーと考えると良いでしょう。WebクリエイターはWebデザイナーよりも広い範囲の知識が求められます。Webデザイナーとして経験を積んだ後、Webクリエイターとして活躍されている方も少なくありません。

Webクリエイターの仕事内容

仕事内容

Webクリエイターの仕事内容

Webクリエイターは、クライアントからの要望や目的などをヒアリングし、どのようなWebサイトやWebコンテンツを制作したいのかを確認します。例えば、集客を目的とする場合、WebクリエイターがSEO(検索エンジン最適化)や宣伝広告などを考える場合もあります。他部署と連携して仕事を進める機会も多いため、コミュニケーション能力も必須です。

働き方

Webクリエイターの働き方は、大きく分けて2つあります。1つ目は企業に所属する働き方です。Web制作会社、システム開発会社、Webサービス会社では多くのWebクリエイターが活躍していることはもちろんですが、一般企業でも自社のWebサイトやWebコンテンツ制作のためにWebクリエイターを抱えています。

2つ目はフリーランスという働き方です。フリーランスのWebクリエイターは企業に所属せず、自分が持っている知識やスキル、経験を最大限に活用して働きます。フリーランスの場合、待っているだけでは仕事は獲得できません。人脈づくりも重要な仕事です。在宅での仕事が可能な場合も多く、在宅で仕事をする主婦の方もいます。

また、昨今では副業でWebデザインのお仕事をされる方も増えています。時間の合間や

Webクリエイターの年収

Webクリエイターの年収

企業に勤めるか、フリーランスで働くかによって、Webクリエイターの年収は異なります。フリーランスで働く場合は、本人のスキルなどによる年収の差も大きくなります。「フリーランス白書2020」によると、フリーランスとしての収入が「400万~800万円未満」と回答した人のうち、24.0%が「クリエイティブ・Web・フォト系」の職種に該当します。そして、年収を「800万円以上」と回答した人では、エンジニア職やコンサルティング職に次いで「クリエイティブ・Web・フォト系」が12.1%と高い結果が出ています。これらは、フリーランスのWebクリエイターとして活躍する人は、高収入である人が多いことを示しているといえるのではないでしょうか。

また、比較的年収が高い傾向にあるWebプロデューサー・Webディレクターのスキルがある場合、平均年収400~500万円、知識や能力によっては年収1,000万円を超える場合もあります。Webクリエイターは、知識や経験で収入に大きな差が生まれやすいため、Webクリエイターとして年収を高めたいのであれば、日頃からスキルアップに努めることが重要です。

関連記事

Webプロデューサーとは? Webプロデューサーの仕事内容と年収

関連講座

Web担当者コース Webディレクターコース

おわりに

Webクリエイターには知識や技術的なスキルだけではなく、コミュニケーション能力も求められます。また、自分の可能性を広げるためには、Webに限らず幅広いジャンルにアンテナを張る必要があります。

インターネット・アカデミーは、「Web担当者コース」「ディレクターコース」「プロデューサーコース」という3つの講座を設け、数々のWebクリエイターを世に送り出しています。いずれのコースも現役のプロインストラクターによるサポートを受けて、制作現場で役に立つ実践的なスキルを学ぶことができます。Webに興味をお持ちの方や受講コースの選択でお悩みの方は、無料カウンセリングにお越しください。

すべての業界で通用するWebのノウハウを体系化

Webクリエイターを目指す方におすすめのコース一覧

実際に現場で使うWebのノウハウ全般や、サイトの分析・運用からチームのマネジメント手法まで、クリエイターとして必須のスキルが身につきます。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる