Webマーケティング|フレームワークを使う目的&分析方法とは?

フレームワークを使う目的&分析方法

自社のマーケティング課題を分析したり、その解決策を検討したりする際、日々の業務で得られる知識やスキルだけでは行き詰ってしまうことがあります。このようなときに役立つツールがフレームワークです。このフレームワークを活用することで、正確で素早い判断を下すことができます。今回は、フレームワークを使う目的や分析方法についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

フレームワークとは?

フレームワークとは?

フレームワーク(framework)には、建物や理論などの「骨組み」や「枠組み」といった意味がありますが、ビジネスシーンで使われる場合は「ビジネス・フレームワーク」のことを指します。ビジネス・フレームワークとは、あらかじめ用意された一定の枠組みにビジネス上の課題を当てはめ、さまざまな視点から分析する思考法のことです。

主なビジネス・フレームワークとして、経営環境を自社(Company)・顧客(Customer)・競合他社(Competitor)の3つの視点から把握する「3C分析」や、政治(Politics)・経済(Economy)・社会(Society)・技術(Technology)の4つの視点から把握する「PEST分析」などが挙げられます。

フレームークを使う目的・分析方法

フレームワークを使う目的

フレームワークを使う目的

フレームワークを活用することで、マーケティング課題への解決法を効率よく的確に導き出すことができます。
例えばマーケティングの一環として「売り上げを向上させる方法」を考える場合、ただ漫然と考えるだけでは「結論に達することなく時間だけが過ぎてしまう」「重要な問題を見落としたまま結論を出してしまう」ということが起きてしまう恐れがあります。このようなケースを防ぐためにフレームワークが有効です。

フレームワークを使った分析方法

フレームワークを使う場合、最初に行うことはフレームワークの選択です。さまざまな種類のフレームワークがあり、それぞれ用途が異なります。フレームワークを使う目的を明らかにし、それに合ったフレームワークを選択しましょう。

例えば「バリューチェーン」というフレームワークは、企業の活動を主活動とそれを補助する支援活動に分け、すべての活動の連鎖を明確にして付加価値を最大化するための戦略を検討する方法です。バリューチェーンを用いて自社の活動を分析することで、自社の戦略を検討するための手がかりを得やすくなります。
また、「3C分析」というフレームワークは、自社・顧客・競合他社の3つの視点から分析する方法です。顧客を定義することによって競合他社が明らかとなり、自社が取るべき戦略が見えてくるため、「顧客→競合他社→自社」の順に分析することがポイントになります。

このようにフレームワークを使って分析をする際には、目的に合ったフレームワークを選択し、正しい方法で進めることが大切です。

フレームワークを使うメリットとデメリット

フレームワークのメリット

フレームワークのメリット

フレームワークを活用することで得られるメリットは、思考の効率化です。何も道具がない状態で課題を分析しようとしても、遠回りをしてしまう可能性があります。目的に応じたフレームワークを用いて考えることで、思考の回り道や欠落を防ぎ、最短ルートで的を絞った課題分析ができるのです

フレームワークのデメリット

一方でフレームワーク活用によるデメリットもあります。まずフレームワークとは、あくまで思考を助ける手段に過ぎません。フレームワークが万能だと過信して、ただ課題をフレームワークに当てはめるだけでは意味がありません。

また、1つのフレームワークでは課題の1つの側面しか見えてきません。複数のフレームワークを使い分けたり、フレームワークに自社独自のアレンジを加えたりするなど、フレームワークの使い方を工夫する必要があります。

おわりに

フレームワークは、課題を分析する際、効率的に思考していく際に便利なツールです。その性質を理解して、目的に応じたフレームワークを使いこなすことで、自社が置かれている状況や今後の方向性が見えてくるでしょう。ただし、フレームワークは知識として覚えただけでは十分な効果は得られません。フレームワークをビジネスで有効活用するためには、フレームワークの使い方を頭で理解するだけでなく、実際の業務で利用する場面を想定して実際に使ってみることが大切です。

インターネット・アカデミーでは、新入社員向けWebマーケティング研修として、業務内で大いに活用できるフレームワークを効率的に習得できるプログラムをご用意しています。フレームワークを知識としてだけでなく、実践で活用したいとお考えの企業ご担当者様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連講座

・新入社員研修(Webマーケティング研修) Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容 Webマーケティングとは?戦略に必須のフレームワーク9選 Webマーケティング|基本のフレームワーク4C・4Pとは Webマーケティング|フレームワーク「PEST分析」の意味・方法とは?

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム