Webマーケティング|基本のフレームワーク4C・4Pとは

基本のフレームワーク4C・4P

マーケティングを成功させるには、優れた商品を作り出すことはもちろん、その商品の魅力を顧客に周知させる、流通を整えて顧客が購入しやすい環境を作るなどの努力が不可欠です。 Webマーケティングを考える際には、4Pと4Cという2種類のフレームワークを活用します。どちらも4つの要素からマーケティング戦略を考えるフレームワークで、一見同じようにも見えますが、その内容は正反対です。
今回は、現代のWebマーケティングを成功させる鍵となる4Pと4Cについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

売り手から顧客層へと働きかけるマーケティング4P

4P=顧客に働きかける

4Pとはマーケティングミックスともいい、マーケティング戦略において重要なフレームワークです。
4つのPは、それぞれ以下のことを表しています。



  • Product:新たな商品、サービスを開発し、購入後のアフターサービスなども含め、ターゲット顧客層にとって魅力的な"製品"
  • Price:競合商品と比べて適正かつ品質が信頼できる"価格"
  • Place:購入しやすい販路を広げる"流通"
  • Promotion:顧客層が商品の魅力や特性を認知し、購買意欲を覚える"プロモーション"
  • 4Pとは、これら4つのPによる視点で顧客に働きかけるマーケティング手法です。それぞれのPは独立した要素ではなく、互いに深く関連しています。例えば、高品質をうたいながら価格が異常に安いなどの食い違いがあると、顧客は品質を疑って購入を控えるといった結果になるでしょう。
    4Pが互いに整合性とバランスを取り、相乗効果を生み出すことが重要です。

顧客の目線に立って考えるマーケティング4C

4C=顧客の目線に立って考える

4Cも4Pと同様に、マーケティング戦略において重要なフレームワークですが、主に顧客の視点で商品やサービスを評価するという点が4Pとの違いです。
Cとは以下のものを表します。


  • Customer value:商品やサービスが顧客にどんな価値を与えるかを考える"顧客価値"
  • Cost:購入の際、価格だけでなく、購入する手間や心理的負担なども含め、顧客の負担を考える"顧客コスト"
  • Convenience:購入する際の便利さを考える"利便性"
  • Communication:商品の情報や魅力が見つけやすいか、販売元へ問い合わせしやすいかなどを考える"コミュニケーション"

4Cではこれらの視点で、自社の製品やサービスを見直します。企業ではなく顧客目線から考えることで、 価値を作り出す側である企業が見落としがちな、新たな発見を与えるフレームワークといえるでしょう。

4Pと4Cの視点はどこが違うのか?

4Pと4Cの視点の違い

4Pと4Cを見比べると、4つの要素がほぼ重なっているようにも見えます。 両者の大きな違いは、売り手の企業視点か買い手の顧客視点かという点です。

元々、1960年代に提唱された4Pを、情報網や流通網の進歩など社会の大きな変化に伴い、1990年代に再定義したものが4Cです。そして現在では顧客層のライフスタイルの変化や、インターネット技術の進歩により、時間や場所を問わずより簡単に商品情報へのアクセスや購入ができるようになったという消費者行動の変化など、4P、4Cで考えるべき内容がさらに変容しています。 現代では、魅力ある新製品を中心に売り手が顧客に働きかける4Pの視点と同時に、顧客のライフスタイルや好みの変化を踏まえて、顧客の目線で購買意欲を覚える環境を作り出す4Cの視点の両方が、マーケティング戦略において重要だといえるでしょう。

おわりに

新たな製品やサービスを世に出すことで、顧客が求める新たな価値を生み出すのは、企業活動の基本です。その新たな価値を中心に考える、基本的なマーケティング手法が4Pだといえるでしょう。
しかしインターネット環境が整った現代では、4Pでは不十分です。
情報があふれるインターネット上では、顧客が自分の求める商品の情報に簡単にアクセスでき、手軽に購入できます。インターネット上のマーケティングはWebマーケティングに該当しますが、 Webマーケティングでは4Pの視点に加え、顧客が求めている商品をより見つけやすく、購入しやすくなるように顧客の立場に立って考える4Cの視点を取り入れることが重要になります。

今回ご紹介した4C・4Pをはじめ、Webマーケティングについて社員の知識の底上げを図りたい法人の方は、ぜひインターネット・アカデミーのWebマーケティング研修のご利用をおすすめします。Webマーケティングを基礎から効率よく、確実に身につけられるカリキュラムをご用意しています。Webマーケティングに課題を感じている方は、ぜひお気軽にインターネット・アカデミーの企業研修までお問い合わせください。

関連講座

新入社員研修(Webマーケティング研修)

関連記事

Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容 Webマーケティングとは?戦略に必須のフレームワーク9選 Webマーケティング|フレームワークを使う目的&分析方法とは?

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム