デジタルマーケティングとは?意味やWebマーケティングとの違い

digital-marketing.jpg

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、企業のマーケティング活動や戦略も大きく変化しています。最近では「デジタルマーケティング」という言葉をよく聞くようになりましたが、デジタルマーケティングとWebマーケティングを混同されている方も少なくありません。そこで今回は、デジタルマーケティングの意味とWebマーケティングとの違いについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

デジタルマーケティングとは?

digital-marketing_pic01.jpg

スマートフォンやPCをはじめとするデジタルデバイスやデジタルテクノロジーなどを活用したマーケティングのことをデジタルマーケティングと言います。インターネット上のWebサイトや広告はもちろん、メールやアプリを通じた自社商品やブランドの宣伝など、幅広いチャネルを活用したマーケティングを指します。

デジタルマーケティングでは、Webの閲覧数、アクセス履歴などからデータを収集、分析することにより、顧客の求めているものをリアルタイムで把握することが可能です。人々の興味や関心をデータで可視化することで、的確なマーケティングを最適な形で行えるようになります。

Webマーケティングとの違い

Webマーケティング

WebマーケティングはWebサイトをチャネルとしたマーケティングであり、Webサイトのアクセス履歴を活用してWebサイトのコンテンツや機能性を高める施策を実施し、ユーザー満足度向上や集客数増加につなげることを目的としています。

デジタルマーケティング

digital-marketing_pic02.jpg

デジタルマーケティングは、Webサイトのアクセス履歴以外にも端末のアプリ、IoTで収集されるデータを活用し、顧客体験価値を向上させることを目的としています。つまり、デジタルマーケティングのチャネルはWebサイトに限定されません。Eメールやスマートフォンのアプリなど、複数のチャネルをマーケティングに活用することを指します。昨今ではSNS上でプロモーションに対する反響データを収集および分析してマーケティングに活かすということも行われています。

デジタルマーケティングの今後

digital-marketing_pic03.jpg

デジタルマーケティングは今後どのように変化していくのでしょうか。高度化・複雑化することは間違いありませんが、デジタルマーケティングの未来を占う上でAI(人工知能)とビッグデータが非常に重要です。

AIと聞くと先の話だと思われる方もいるかもしれませんが、オンラインショッピングでユーザーの閲覧履歴や行動履歴、ユーザー属性と商品との関連性を基におすすめを教えてくれるレコメンデ―ション機能はAIがベースとなっています。

AIの手法は、人が自らの経験をルールとしてコンピューターに教える「ルールベース」から、人が学習方法を決め、コンピューターにデータを与えて学習させる「旧機械学習」、そして人の手助けなしにコンピューターが自律的に学習を行う「ディープラーニング」へと進化を遂げてきました。AIの発展の背景には、ハードウェアとソフトウェアの進歩により膨大な量のデータ(ビッグデータ)を用意して学習させることが可能となったことが挙げられます。

したがって、顧客の潜在ニーズを発見し、マーケティング活動を優位に進めるためには、人工知能分野でよく利用されるJava、データベースに蓄積されたビッグデータの操作に用いられるSQL(Structured Query Language)をマスターしておくと良いでしょう。

[PR] 「このまま仕事続けていていいのかな...」そんな不安をマンガで解決!『マンガでわかる! インターネット・アカデミー』

おわりに

顧客が求めているものを正確に把握できるかどうかが、企業の命運を左右します。デジタルマーケティングは従来のマーケティングでは果たし得なかったリアルタイムのデータ収集を可能にし、顧客との結びつきを強化します。
これからのデジタルマーケティングに興味を持たれた方は、その理解に欠かせないWebマーケティング、そして人工知能やビッグデータを支えるJavaやSQLについて、インターネット・アカデミーで学ばれてはいかがでしょうか。ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

関連記事

初心者でもわかる、プログラミング言語「Java」でできること

関連講座

Webマーケティング講座 Java講座