Webマーケティング|フレームワーク「SWOT分析」の意味・方法とは?

「SWOT分析」の意味・方法
数あるWebマーケティングのフレームワークの中でも、「SWOT分析」はメジャーなものとして知られています。SWOT分析とは、自社の内部環境と社会全体の外部環境を4つの要素に分けて総合的に分析する手法で、さまざまなマーケティングに活用されています。ただし分類する項目が多岐にわたるため、運用方法を誤ると正確な結論を導き出せないことがあり、使い方を気を付けなければなりません。ここではSWOT分析の基礎からその方法、適切に分析するためのヒントまでを紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

SWOT分析の意味とは

SWOT分析の意味

SWOT分析とは、社会などの外部環境と、自社の内部環境を分析して、成功要因を導き出すためのフレームワークです。
SWOTとは分析する4項目の頭文字を取ったもので、内部環境と外部環境に大別することができます。

【内部環境】

  • S:自社の強み(Strength)
  • W:弱み(Weakness)

【外部環境】

  • O:自社に有益な社会的状況などの機会(Opportunity)
  • T:不利になる情勢の脅威(Threat)

SWOT分析では、以上の4項目をもとに分析を行います。
そして強みと脅威、弱みと機会など、内部と外部の項目を掛け合わせることで、機会を最大限に活かし、脅威をできる限り避けるマーケティング戦略を構築するのです。
会社の力で外部環境を変化させることは困難ですが、内部環境を変えることはできます。 自社の強みを伸ばし弱みを補って、変動する社会情勢に対応するための思考法といえるでしょう。

SWOT分析を適切に行うには

1. SW項目(内部環境)とOT項目(外部環境)を列挙

SWOT分析を適切に行う
主なSW項目は、自社の認知度やブランド力、価格や品質、サービスや技術力などが該当します。OT項目は、市場の規模や成長性や競合他社の動向、政治や経済情勢などが代表的です。
中には、外部環境と内部環境のどちらに該当するのか明確に分類することが難しい要素もあるでしょう。そのようなときは、まず「こうではないか」という仮説で分類することも1つの手です。

2. 各項目の調査と分析

ある程度、項目をまとめたら、それぞれの項目の調査と分析に入ります。この段階では、関係する部署の担当者やその分野の専門家を招いて議論し、項目に誤認がないか確認していきます。漏れなく確認するために、他のフレームワークを用いても良いでしょう。
このようにして精査した項目を、強みと機会、強みと脅威、弱みと機会、弱みと脅威のように掛け合わせて分析することで、マーケティング戦略の土台を作ることができます 。
これがクロスSWOT分析と呼ばれる手法です。

SWOT分析で正確な結論を導き出す方法とそのヒント

SWOT分析のヒント

フレームワークは決して万能ではありません。特にSWOT分析は項目が複雑なため、過程を間違えると当然誤った結論が出てしまいます。
的確なSWOT分析を行うには、まず分析の目的を明確にすることと、前提条件を整理し、議論に加わるメンバー全員で共有することが重要です。目的の明確化とプロジェクトの共有によって項目選びや議論に筋が通り、正確な分析につなげることができるのです。
加えて、分析には広い視野で議論することが肝要です。 客観的な視点を取り入れるために、さまざまな分野からメンバーを集め、複数の視点から議論できる場を用意しましょう。

また、SWOT分析には議論を通じて、参加者同士や分析対象への理解が深まるというメリットがある反面、4項目に分けにくい事象もあえて分類せねばならないというデメリットがあることも忘れないでください。

おわりに

SWOT分析は、SWOTの各要素を分類して把握するだけでなく、4つに分類した項目を組み合わせて考えていくクロスSWOTを行うことでマーケティングの成功要因を導き出すことが最終目的です。そのためには、まず分析を行う目的を明確にして、各手順においてさまざまな視野での情報集めと詳細な分析が必要です。
SWOT分析を適切に運用すれば、広い視野で自社と社会との関わりを見出しし、より俯瞰的なマーケティング戦略を立てることも可能です。有効に用いて経営戦略に活かしましょう

インターネット・アカデミーでは、Webマーケティングの実践的な知識を短期間で学ぶことができる研修プログラムをご用意しています。新入社員教育のブラッシュアップをご検討中の企業ご担当者様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。IT・Webのプロフェッショナルが、貴社に最適なカリキュラムを提案させていただきます。

関連講座

新入社員研修(Webマーケティング研修)

関連記事

Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容 Webマーケティングとは?戦略に必須のフレームワーク9選 Webマーケティング|フレームワークを使う目的&分析方法とは?

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム