ITとは? ICTやIoTとの違いと様々な分野で活用されているIT技術をご紹介

it_usage_something_field.jpg

ITとはどのようなもので、私たちの生活の中でどう活用されているのかご存知ですか。パソコンやスマートフォン、AI(人工知能)などの機能がついた商品などが発売され、ITが身近なものであるという認識はあるとは思います。ところが、ITは私たちが思っている以上に深く生活の中に根付いており、切っても切れない関係になっているのです。今回はITとはどのようなものか、そしてどのような形で私達の日常で活用されているのか実例を用いてご説明します。

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

ITとは?

ITとは、「Information Technology」の頭文字をとった単語です。パソコンやスマートフォンなどの情報技術の総称を意味します。ITという単語はパソコン、インターネットを表すだけでなくセキュリティや情報処理なども含み広義的な意味で使われます。

最近話題のIT関連用語

ITとよく混同されがちな単語としてICT、IoTという用語があります。ICTとIoTはどのような違いがあるのかご紹介いたします。

ICTとは

ICTは「Information and Communication Technology」の頭文字をとった単語です。ITとほぼ同じ意味を持ちますが、ICTは情報技術だけではなく、その情報や技術を共有するための「コミュニケーション」の意味がより強調された用語です。

IoTとは

IoTとは「Internet of Things」の略称で身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組みを表しています。これまではパソコンやスマートフォンのみがインターネットに繋がっていました。しかし、現在ではテレビやエアコン、冷蔵庫など身の回りのあらゆるものがインターネットとつながることで、モノが相互通信し、遠隔からも認識や計測、制御をすることが可能となりました。

ITの活用事例

it_usage_something_field_pic_1.jpg

ITは様々な分野で活用されており、私たちの生活に大きな影響を与えています。ここでは医療、交通、農業、自動車の分野に絞り、それぞれの分野で実際にITがどのように活用されているのか、ITの活用方法をご紹介いたします。

医療分野におけるIT活用例

医療分野では家から診療所まで通うことが大きな負担になっている患者に対し、遠隔診療という形でITを導入しています。遠隔診療とはスマートフォンやパソコンのビデオチャット機能を使い、患者の診療を行うことです。この遠隔診療は再診の場合のみ可能と制限はありますが、ご高齢な方や体が不自由な方、病院まで家が遠い方などの負担を減らし、簡単に診療を受けることを可能にします。
また、医療分野ではIoMT「 Internet of Medical Things」という考えも広まってきています。IoMTとは医療機器とヘルスケアのITシステムをインターネットでつなぎリアルタイムで医療データや収集・分析することを可能にする技術です。これにより医療機器で患者のデータを収集し、医療機関にデータを自動で送信することできます。医師が患者の状態をリアルタイムでモニタリングできるようになり、より正確な診断が可能になるのです。

交通機関におけるIT活用例

交通機関で活用されているITとして、電車やバスに乗るとき、改札にタッチするだけで乗車することができるICカードが有名でしょう。ICカードを使用することで毎回切符を買う手間が省け、スムーズに交通機関を利用することが出来ます。また、交通機関以外でも様々な店でICカードを使って簡単に支払いを済ませたりすることもできます。
また、Webサイトを用いて交通機関の運行情報を把握することができることもITの活用法として挙げられるでしょう。特にバスは渋滞などの交通状況によって予定表より到着が早まったり遅れたりすることがあります。Webサイトを用いれば何分後にバスが到着するのかリアルタイムで正確に把握することができます。ITを利用してより快適に交通機関を利用することが可能になったのです。

農業分野におけるIT活用例

ITのイメージがあまりない農業でもIT化は進んでいます。ロボット技術や情報通信技術などを利用して、省力化や大規模生産、品質の向上を目指すスマート農業というものがあります。農業人口の減少が問題となる中、労働者不足の解決策としてスマート農業は生まれました。したがって少ない労働者数でも、スマート農業では効率的に農作業をすることが可能となっています。
例えば、従来では人の手によってまんべんなく農薬は散布されていましたが、ドローンを用いて上空から畑を撮影しAIを使って自動で虫のついているところをピンポイントで農薬を散布できるようになりました。ドローンを用いることで、人手もいらず従来よりも残留農薬量が格段に少ない作物を作ることが可能になったのです。

自動車分野におけるIT活用例

自動車産業のIT活用例で有名なものとして自動運転システムが挙げられます。自動運転システムはまだ開発途中の技術ですが、近い将来実現する可能性が高い分野です。自動運転システムの公道テストを開始しているメーカーも多く存在し、世界のメーカーが開発を急いでいるシステムでもあります。すでに、自動運転システムの第一段階と言える「自動ブレーキ」機能やボタン操作ひとつで自動駐車できる「プロパイロットパーキング」が一部の自動車には搭載されており、ますます期待がかかる分野です。

ITの発展を支えるITエンジニアとは

これまでITの身近な活用事例についてご紹介いたしました。次に、ITを発展させるために重要な役目を果たしているITエンジニアという職業についてご紹介します。ITエンジニアとはITの開発にかかわる技術者達の総称です。システムエンジニア(SE)やプログラマーもITエンジニアのうちの一つです。
ITの活用事例の章で挙げたようにITは私たちが思っているよりも多くの分野で活用されています。また、多くの企業でもIoTやAI(人工知能)などの技術を使った開発に力を入れており、ITエンジニアの需要はこれからも高まっていくことが予想されます。
また、ITエンジニアはどの職種も専門性が高く理系が就く職業というイメージがありますが、ITエンジニアは文系のスキルも必要とされる職業です。例えば、クライアントが要望するシステムを正しくくみ取り作るコミュニケーション能力や、プログラマーなどにどのようなシステムを作ってほしいのか正しく伝えるための文章能力なども必要とされます。したがって、文系でもITの開発の知識やスキルを身に付けていれば十分ITエンジニアになることは可能なのです。

参考

ITエンジニアの知識を身に付けるには

ITの分野は先進性が高く、現場でも通用するような知識が必要になってきます。独学でも学ぶことはできますが、独学では疑問や不明点が出てきたとき理解するのに時間がかかり、モチベーションが保ちにくいというデメリットがあります。特にプログラミングなどをする時にはタイピングミスによりコードが実行できなかったり、小さな設定の違いによりうまくいかなかったりと苦労することが多々あります。
そこで、本格的にITエンジニアの知識を身に付けたいと考えている方は、専門のスクールで学ぶことをお勧めします。実際の現場でも通用する最新スキルを学ぶことができますし、システムなどを開発した後の運用方法も学べるからです。システム開発をする上で重要なものとしてプログラムの保守性というものがあります。プログラムを書いたら終わりではなく、定期的にメンテナンスする必要があります。独学では学ぶことが難しいシステム開発の流れや運用方法をスクールでは学ぶことができますます。

おわりに

今回はITの関連用語と、ITの活用事例についてご説明してきました。ITは私たちが思っているよりもずっと多くの分野で活用され、これからも発展し続けていく分野です。したがって、ITスキルを持っていることは将来において大きな強みになるでしょう。

インターネット・アカデミー ではITの開発に必要な知識を効率よく学ぶことができます。ITにご興味がある方、ITスキルを身に付けたいとお考えの方はぜひお気軽にインターネット・アカデミーにご連絡 ください。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー