0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

【初心者入門編】アプリ、ゲーム、あのCGも!よく分かるJavaの基礎

【初心者入門編】アプリ、ゲーム、あのCGも!よく分かるJavaの基礎

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

Javaは根強い人気を誇るプログラミング言語です。さまざまなWebサービスやシステムの開発に欠かせない言語であり、私たちの生活の身近な場面で利用されています。アプリやゲーム、CG(コンピュータグラフィックス)を作ろうというはっきりとした目的を持っている方はもちろん、まだどの言語を学ぶか思い悩んでいる方はJavaを学んではいかがでしょうか。 今回は、Javaの利用シーン、そしてその学び方や活かし方についてご紹介します。この記事を参考にして、ぜひプログラミングの第一歩を踏み出してください。

Javaとは

Webサービスやアプリ開発、SNS、通販サイトを支えるJava

【初心者入門編】アプリ、ゲーム、あのCGも!よく分かるJavaの基礎

Javaは、「一度書けば、どこでも動く(write once, run anywhere)」をスローガンに開発されました。Java仮想マシン(Java Virtual Machine、JVM)がインストールされていれば、WindowsやMacといった動作環境を問わず実行できるため、1995年のリリース以来、幅広い場面で利用されています。

JavaはWebサービスやアプリ開発との相性も良く、世界中の人をつなぐコミュニケーションツールであるSNS(Social Networking Service)や、パソコンやスマホから好きなタイミングで商品が購入できる通販サイト、そしてゲームや学習・ビジネス関連のさまざまなアプリがJavaで開発されています。OpenGL(Open Graphics Library)もしくはJava 3Dという3D描画ライブラリーを利用することにより、3DCGを描くことも可能です。

IoTやビッグデータでも利用されるJava

Javaはどこで学べる?

近年、「モノのインターネット(Internet of Things、IoT)化」が進み、遠隔制御可能なスマート家電、常時安定稼働が求められる銀行の各種システムでもJavaが活躍しています。また、企業の事業展開や業務の効率化などに用いられるビッグデータの処理には、Javaを使ったフレームワークが利用されています
。 このように個人・法人問わず世界中のシステムの根幹をなすJavaは、今後もさまざまな開発プロジェクトのベースとなるプログラミング言語であり続けるでしょう。

企業のニーズが高いJavaプログラマー

Javaを学んで、どう活かす?

活躍の幅の広さや需要の高さから、Javaはプログラミングの勉強を検討されている方、スキルアップを図ろうと考えている方におすすめの言語です。実際、数多くの企業がJavaプログラマーを求める傾向にあります。

各調査によると、プログラミング言語別の求人数では、Javaが第1位となっています。また、過去のシステム改修の需要、iPhoneやAndroidスマホのアプリ開発でも使われていることから、今後も安定的な求人が見込めます。
TechRepublic Japan(2017年3月17日公開)の記事では、「開発の仕事に興味がある方に薦めるプログラミング言語」の1つにJavaを挙げ、最も需要が高いプログラミング言語として紹介しています。

Javaはオブジェクト指向言語であるため、Javaの学習を通してオブジェクト指向の考え方を学び、C++、C#、VB.NET、Objective-Cといった他のオブジェクト指向言語による開発にスムーズに移ることが可能です。勉強するプログラミング言語をまだ決めていない方は、Javaからプログラミング言語の学習を始めると良いでしょう。

Javaはどこで学べる?

Javaはどこで学べる?

手軽にJavaを学ぶなら「独学」

空いた時間を活用して自分一人で勉強する「独学」も学習方法の1つです。Javaプログラマーを目指している方の中にも、書店にたくさん並ぶJavaの書籍を購入して隙間時間に勉強する方もいます。資格取得やスキルアップにおいては、隙間時間をいかにうまく使って勉強するかが重要なポイントとなりますが、独学であれば気が向いたときにいつでも勉強できます。

しかし、Web・IT業界は技術革新が早いため、常に最新技術を手に入れる必要があります。独学の場合は接する情報が偏ってしまうことが多く、Javaプログラマーとして独り立ちする際に必要な最新情報や、テキストには書かれていない実践的スキルを身に付けられません。また、Javaは勉強しなければならない範囲が広いため、どこに主軸を据えて勉強すべきか一人では判断できず、勉強が中途半端で終わってしまう可能性があります。

また、モチベーションの維持が難しいことも独学が難しい理由の1つです。勉強計画をすべて自分の好きなように決められる気楽さはある一方、緊張感がないため勉強を何日も休んでしまったり、質問や相談をできる相手がいないため一人で悩みを抱えたりしがちです。独学にはある程度の経験や要領、コツが必要となるため、初心者の方にはおすすめできません。

効率よくJavaの必要な知識を身に付けたいなら「スクール」へ

効率よくJavaの必要な知識を身に付けたいなら「スクール」へ

スクールに通うメリットとしては、最新技術・情報について専門講師から直接学べる点が挙げられます。数多くの指導実績を持つWebやITを学べるスクールであれば、洗練されたカリキュラムや最新の機材が導入された学習環境で、自分のライフスタイルに合わせて勉強できます。

独学では迷いがちな「どこから手を付ければ良いか」「どこを重点的に勉強すべきか」といった疑問も、スクールであれば現場で必要とされる知識や技術を重点的に学習できるため、心配は不要です。

また、プログラム初心者にとってはモチベーションの維持が大変ですが、Webスクールであれば同じ目的で集まったクラスメイトと席を並べて学ぶことで互いに刺激し合い、モチベーションを高く保つことができます。また、授業内容で分からないところがあれば、すぐに講師に確認して疑問を解消できる点もスクールならではのメリットです。

また、スクールを通じてクラスメイトや講師と交流し、さらには将来的な人脈の土台を形成できるといった点も独学では得られないチャンスです。

数多くのWebスクールがありますが、Javaの勉強でお悩みの方には、日本初そして唯一のIT・Web専門スクールであり、最新のWeb情報や技術を受講生に提供できる環境が整っている「インターネット・アカデミー」の受講をおすすめします。

インターネット・アカデミーなら専門講師からJavaが学べる!

インターネット・アカデミーなら専門講師からJavaが学べる!

インターネット・アカデミーには、大手企業での研修インストラクターとして実績が豊富な講師や、実際にクリエイターをまとめ、プロジェクトを統括・指揮したディレクション経験を持つ講師が在籍しています。

インターネット・アカデミーの独自のノウハウは、グループ企業のWeb制作会社とWeb人材サービス企業を通して得たWeb・IT業界が求めているスキルと人材ニーズの情報に加え、受講生と卒業生の強固なネットワーク「BOHR(ボーア)」によって培われました。

有資格者のインストラクターによる第一級の指導はもちろん、就職相談をはじめとする各種サポートもインターネット・アカデミーの魅力です。単なるJavaの学習で終わってしまいがちな独学とは異なり、初心者が一人前のJavaエンジニアとして最前線で活躍できる理想的な環境と言えます。

Javaを学んで、どう活かす?

Javaを学んで、どう活かす?

さらにJavaの技術を磨くなら資格取得を

Javaを学んでさらに技術を磨きたい場合は、資格取得を目指すと良いでしょう。Javaに関連する主な資格として、以下の3つが挙げられます。



1.Oracle認定Java資格(Bronze/Silver/Gold)

1.Oracle認定Java資格(Bronze/Silver/Gold)

最も有名なJavaの資格を挙げるとすれば、Javaの開発元である「Oracle(オラクル)認定Java資格」でしょう。
Javaプログラミング入門レベルのBronze、上級者の指導の下でコードを書ける初級プログラマーレベルのSilver、独力で機能の実装が行える中上級JavaプログラマーレベルのGoldの3つに分かれます。SilverとGoldは世界認定資格であり、取得によってJavaの技術を持っていることを世界にアピールできます。

2.Javaプログラミング能力認定試験(サーティファイ)

Javaプログラミング能力認定試験(サーティファイ)

Javaプログラミング能力認定試験は、Java入門者を対象とした「3級」、オブジェクト指向の考え方をある程度理解しており、小規模なプログラムを書くことができる「2級」、既に活躍しているプログラマーやシステムエンジニアを対象とした「1級」に分かれ、習得レベルに応じたプログラミングスキルをアピールできるJava資格です。

1級では実際にPCを使用してプログラミング試験を行うため、実践的な力を証明する資格として定評があります。資格取得後、仕事はもちろん就職や転職でのアピールにも向いています。 検定公式サイトによると、学習時間の目安は3級が110時間、2級は「3級合格に要する学習時間+100時間」、1級は「2級合格に要する学習時間+70時間」です。

3.Android 技術者認定試験(IT職業能力支援機構Android技術者認定試験制度委員会)

Android 技術者認定試験(IT職業能力支援機構Android技術者認定試験制度委員会)

Javaプログラマーのニーズが高い理由の1つが、Androidの開発ができる点にあります。Android技術者やJava開発者などを対象者として、「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」の2種類の試験が用意され、「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2つのレベルがあります。

「Android 技術者認定試験制度」はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が策定したETSS(組込みスキル標準)に準拠したETEC(組込み技術者試験制度)と連動しています。専門的なスキルが客観的に評価されるため、プログラマーとしての素地だけでなく保有する技術のアピールにもつなげることが可能です。

こんな方におすすめ!Java資格取得のメリット

学生や未経験者、そして転職を希望される方にとって、Java資格はスキルの客観的な証明となります。資格は実績や作品と並ぶ重要なアピールポイントであり、就職や転職を有利に進めるための欠かせない切り札と言えるでしょう。

既にプログラマーとして活躍している方であれば、スキルアップの証明としても有効です。キャリアアップを見据えて資格取得を考える方も少なくありません。プログラマーとしての実力や価値を高め、意欲を周囲にアピールするきっかけとしても、Java資格の受験は有効です。

インターネット・アカデミーならではのJavaの試験対策

受講生を対象に、インターネット・アカデミーでは数多くのWeb・IT関連の試験対策サポートを提供しています。数々の関連団体からの信頼も厚く、認定校としても認められています。

Javaに関してはOracle認定資格のオラクル社とパートナー契約をしているため、最新かつ十分な学習・開発環境が整っています。オラクル社のトレーニングを受けた講師の指導により、短時間で十分な知識・技術を身に付けることが可能です。
その他の資格においても、試験実施母体となる団体のトレーニングを受けた指導経験豊富な講師がサポートにあたります。受講生のレベルに応じた無理のない試験対策ができます。

身に付けたJavaを活かして就職・転職を有利に!

身に付けたJavaを活かして就職・転職を有利に!

Javaの資格を取得すれば就職・転職のアピールポイントになるとともに、スクールで学ぶ意欲や積極性も評価されます。また、Javaの基礎がしっかりと身に付くため、就職や転職後に良いスタートを切ることができます。

[PR] ITエンジニアの仕事の魅力とは? 先輩ITエンジニアに聞いた仕事の魅力

おわりに

私たちの生活を支えるJavaは、今後さらに需要が高まることが期待されており、将来開発業務に携わりたい方はぜひマスターしましょう。Javaにはさまざまな学習方法がありますが、学習計画の作成やモチベーションの維持が不安な方、一流のインストラクターの指導を受けてJavaを学びたいという方は、WebやITを学べるスクールの講座受講がおすすめです。

インターネット・アカデミーであれば、充実したカリキュラムと資格取得支援により、無駄のない最短ルートでJavaのスキルアップを目指すことができます。また、毎日無料体験レッスンを開催しており、授業の体験はもちろん、Javaの学び方に関する相談も承ります。Javaの学習を検討中の方はぜひお気軽にご参加ください。

Javaに興味がある方へまずはお気軽にお問い合わせください

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

業界のトレンドや、最先端のWeb技術についてご紹介をする『無料体験レッスン』をインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)