エンジニアとは何をする人?エンジニアの種類・仕事内容・適性をご紹介!

work-and-annual-income-types-of-engineer.jpg

一昔前までは「エンジニア」というと、機械設計や電子デバイス開発のエキスパートという印象でしたが、最近では「システムエンジニア」や「インフラエンジニア」など、さまざまな種類のエンジニアが存在し、特にコンピューター関連のエンジニアが増えています。今回は、IT・Web業界で活躍するエンジニアの種類・仕事内容・適性についてご紹介します。

Webデザイン・プログラミング・マーケティングを学びたい方は、こちらのページをチェック♪↓

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

そもそも「エンジニア」とは?

そもそもエンジニアとは、「工学(エンジニアリング)に関する専門的な知識やスキルを持った人材」を指す言葉で、日本では「技術者」とも呼ばれます。IT技術が進んだ現代では、インターネット関係のITの専門知識やスキルを備えた「ITエンジニア」が活躍しています。
現代社会を陰で支えている縁の下の力持ち、それがエンジニアです。エンジニアはIT業界を中心に不足しており、今後も社会で必要とされる職業であることは間違いないでしょう。

就転職、在宅ワークでの副業、スキルアップなど夢を叶えた人たちの事例は、こちらのページをチェック♪↓

Webスクールに通って、なりたい自分になろう

https://www.internetacademy.jp/

Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。

エンジニアの種類と仕事内容

一言でエンジニアといっても、実際にはさまざまな種類があります。そこで、代表的な10種類のエンジニアの仕事内容について見ていくことにします。

1.システムエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic01.jpg

システムエンジニアは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わるエンジニアです。ソフトウェアエンジニアと呼ばれることもあります。基本的にはプログラミングはプログラマー、テストはテスターが行いますが、場合によってはエンジニアがプログラミングやテストに参加することもあります。

クライアントのシステム開発を担当するシステムエンジニアの場合、クライアントの要望をヒアリングして、要望を満たすことができるようなシステムを提案します。もちろん予算や納期の関係から、クライアントの要望をすべて実現できるとは限りません。最初は優先度の高い機能に絞ってシステムを構築し、運用する中で必要に応じて順次機能を追加していくなど、相手の状況に合わせた提案ができるかどうかが腕の見せ所です。

クライアントとシステムの機能や性能について合意したら、システムエンジニアはその内容を要件定義書にまとめます。そして、要件定義を実現するための設計書を作成し、設計書に基づいてプログラムを作成します。システムが完成したら、システムが正しく動作することをテストで確認して顧客に納品します。

システム開発には多くの人が関わるため、システムエンジニアにはコミュニケーションスキルが求められます。要件定義書や設計書などのドキュメントを作成する機会も多く、文章力やロジカルシンキングの力が欠かせません。プログラミングからデータベース、ネットワークまで、幅広く技術を習得しておくと良いでしょう。

システムエンジニアに関連する資格として、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、クライアントの業界に関連する資格(例:会計システムに携わるシステムエンジニアの場合、簿記資格)などがあります。

IT研修を導入し成功した事例が気になる方は、こちらのページをチェック♪↓

すべての企業に最適なIT研修を。各社のご要望に合わせてご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

未経験から2か月でWebサイトの内製化の対応、自社オリジナルのシステムに対応したIT人材の育成、データ分析のスペシャリストの育成、新しいWeb・IT部署の立ち上げなど大手企業の事例多数。自由なIT研修が組めるから、様々なご要望に対応致します。

2.プログラマー

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic02.jpg

プログラマーは、システムエンジニアが制作した設計書(仕様書)をもとにプログラミングを行い、機能を実装していく仕事です。プログラミング(コーディング)だけを行う場合はコーダーと呼ぶこともあります。仕様書通りにプログラミングしてもシステムがうまく動かないこともあります。このようなときは仕様書の不備を見つけ、指摘することもプログラマーの重要な役割です。

プログラマーが対応するシステムや使用する言語により、アプリケーションプログラマー、Webプログラマー、制御・組み込みプログラマー、Javaプログラマー、PHPプログラマーなど専門によって細分化した職種名で呼ばれることもあります。

プログラマーに関連する資格は、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プログラミング言語の資格(Oracle認定Java資格やPHP技術者認定試験)などです。

新入社員の育成にお悩みをお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

https://www.internetacademy.jp/

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

3.インフラエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic03.jpg

インフラエンジニアの「インフラ」とはインフラストラクチャー(infrastructure)の略で、「基盤」、「下部構造」といった意味があります。社会生活には欠かせない道路や電気、水道などを社会的インフラと呼ぶように、サーバー構築やネットワーク管理、クライアント端末の設定などのITインフラを担当するのがインフラエンジニアです。

インフラによっては24時間365日の安定稼働が求められることが多くありますが、それを支えているのはインフラエンジニアです。ITインフラの監視やメンテナンスもインフラエンジニアが対応します。もし障害が起きた場合は、即座に原因を特定して復旧作業を行います。

インフラエンジニアに関連する資格にCCNA、LPIC、ORACLE MASTERなどがあります。

今すぐ研修を実施したい、IT戦略を成功させたいなどのご要望をお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

4.ネットワークエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic04.jpg

ネットワークエンジニアは、ITインフラの中でも、特にネットワークシステムの設計や構築、運用や保守を専門的に行う職種です。ルーターやスイッチ、DNS、メール、ファイアウォールなど、ネットワークに関する知識と技術が必要です。

システムエンジニアからネットワークエンジニアにキャリアチェンジする方もいますが、ネットワークエンジニアもプログラミングなどの開発スキルが求められるため、システムエンジニアの経験を活かすことができます。

ネットワークエンジニアに関連する資格は、CCNA、ネットワークスペシャリスト試験などがあります。

5.セールスエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic05.jpg

セールスエンジニアは、技術的な専門知識を活かして営業活動を行うエンジニアです。営業現場で活躍するセールスエンジニアはFAE(フィールドアプリケーションエンジニア)と呼ばれることもあります。クライアントと打ち合わせを行い、システム導入を提案することが主な仕事のため、自社商品の専門的・技術的な知識と営業スキルの両方が求められます。専門知識の有無に関わらず、担当者の方に合わせて分かりやすく技術的知識を説明する能力が必要です。ここが一般の営業職と異なるところです。

セールスエンジニアのための専用資格はありませんが、システム開発を手掛ける会社のセールスエンジニアであれば、システムエンジニアやプログラミング関連の資格を取得すると良いでしょう。

6.Webエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic06.jpg

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションなどの設計や開発、運用や保守を担当するエンジニアです。Webの知識は他のエンジニアにも必要ですが、Webエンジニアには特に専門性が求められる他、ネットワークやセキュリティー対策などの知識も必要です。

また、WebサイトやWebアプリケーションの開発ではユーザー視点を持つことが重要です。例えば、新しい技術を使ってWebサイトを制作しても、ユーザーのニーズとマッチしていなければ、新しい技術を利用する意味は少ないと言えます。ユーザー視点のサービスを提供できるように、Webエンジニアもマーケティングについて学んでおくと良いでしょう。

Webエンジニアが取得しておくと良い資格として、Webクリエイター能力認定試験やWeb検定 Webプロデューサー試験が挙げられます。

7.サーバーエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic07.jpg

サーバーエンジニアは、サーバーの設計や構築、また運用や保守などを専門に担当します。

サーバーの設計とは、クライアントの目的に合わせた最適なサーバー構成(サーバーの台数やスペックなど)を決めることです。サーバーに障害が起きてもサービスが提供できるようにする「冗長化(例:予備サーバーを用意しておく)」や、特定のサーバーに集中する負荷を分散させてサーバーダウンを防ぐ「負荷分散」などの考え方が大切になってきます。

サーバー構築では、OSやサーバーアプリケーションのインストールや設定、サーバーのサーバーラックへの固定やネットワークケーブルの配線を行います。運用マニュアルの作成や障害発生時の保守対応もサーバーエンジニアの業務です。

サーバーエンジニアに関連する資格として、LPIC、CCNAなどのシスコ技術者認定資格、マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)が挙げられます。

8.フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア

フロントエンドエンジニアとマークアップエンジニアは、まだ新しい職種で役割も似ているため、違いが分かりづらいかもしれません。企業によってフロントエンドエンジニアとマークアップエンジニアの仕事内容は変わってきますが、一般的には以下のような違いがあります。

フロントエンドエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic08.jpg

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトの閲覧や操作などのユーザーが直接見たり、触れたりする部分(フロントエンド)を開発するエンジニアのことです。フロントエンジニアはHTML、CSS、JavaScript、PHPなどによる、Webサイトのコーディングを担当します。

単に情報が書かれているだけの工夫のないWebサイトでは、リピーターを獲得することはできません。フロントエンジニアには、ユーザー視点に立ったWebサイト制作が求められます。スマートフォンやタブレットを使ってWebサイトを閲覧するユーザーも多いため、モバイル対応は必須です。

フロントエンドエンジニアに関連する資格は、Webクリエイター能力認定試験、HTML5プロフェッショナル認定資格などがあります。

マークアップエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic09.jpg

マークアップエンジニアは、主にHTMLによるマークアップ(テキストデータにタグを埋め込んでWebページの文書構造を記述すること)を担当します。フロントエンドエンジニアはHTML以外の言語を用いるのに対して、マークアップエンジニアはHTMLに特化しています。単に仕様書通りにマークアップするのではなく、ユーザー視点でマークアップする必要があります。

マークアップエンジニアにはHTML、CSSのスキルとデザインセンスが必要です。また、Webマーケティングの知識をもとにSEOを考えたコーディングをすることも求められます。関連する資格はウェブデザイン技能検定やマイクロソフト認定資格プログラム(MCP)などです。

9.データベースエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic10.jpg

データベースエンジニアは、データベースを専門とするエンジニアとして、データベースの設計・開発や運用・保守を担当します。

図書館では本をジャンル、書名、著者名などで分類し、すぐに読みたい本を見つけることができるようにしています。これと同様に、大量のデータの中から必要なデータを必要なときに取り出すことができるよう、一定のルールでデータを格納したものがデータベースです。 最近はビジネスにおけるビッグデータ(大規模データ)の活用が注目されていますが、ビッグデータの処理にはデータベース技術が重要な役割を果たしています。

データベースエンジニアの場合、Oracle Database、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQLといったデータベース管理システム「DBMS(DataBase Management System)」に関する知識は欠かせません。関連資格には、データベーススペシャリストやORACLE MASTERがあります。

10.制御・組み込みエンジニア

work-and-annual-income-types-of-engineer_pic11.jpg

制御・組み込みエンジニアとは、パソコンやコンピューターシステムではなく、家電製品や産業用機器などに組み込まれるソフトウェア(ファームウェア)の設計や開発を行うエンジニアです。携帯電話やスマートフォンのOSとして利用されるAndroidは、家電製品や産業用機器のOSとしても採用されるようになっています。ある自動車メーカーはAndroid搭載車の開発に着手しており、今後が期待されます。

制御・組み込みエンジニアに関係する資格には、エンベデッドシステムスペシャリスト試験やAndroid技術者認定試験があります。

エンジニアに適性があるのはどんな人?

エンジニアという職業に適性があるのは、コンピューターの仕組みやプログラミングへの関心が高い方です。技術の進歩や変化が早いため、常に情報収集と勉強を続け、新たな技術や知識の習得が好きな方は向いているでしょう。緻密な作業が多いため、集中力を持ってコツコツ作業することが好きな方も向いていると言えます。

また、クライアントとの打ち合わせや他のメンバーとの円滑な意思疎通を図るコミュニケーション能力や、相手の話の本質をつかむ分析力、文書を正しく理解する読解力も重要です。業務で分からないことがあるときに、自分がどこまで理解していて何が分からないのかを相手に伝え、的確な答えを引き出す質問力も求められます。

納品直前はもちろん、納品直後に予期せぬトラブルが発生して忙しくなることもあります。エンジニアを目指す方は、粘り強さや忍耐力が備わっている方が良いでしょう。

Webデザイン・プログラミング・マーケティングを学びたい方は、こちらのページをチェック♪↓

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

おわりに

今回はエンジニアの種類や仕事内容についてご紹介しました。Web・IT分野は著しい進歩を遂げており、エンジニアの需要が高まっています。エンジニアとして活躍するためには常に勉強を続けていく必要がありますが、自分が携わった製品をクライアントに喜んでもらえたときは大きな喜びとやりがいを感じることができます。コンピューターに関心がある方は、エンジニアを目指されてはいかがでしょうか。

インターネット・アカデミーが毎日開催している無料体験レッスンでは、エンジニアとしての職業体験のほか、適職診断も行っています。「エンジニアに興味があるが、職種を迷っている」という方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー

関連講座

ITエンジニア入門コース

関連記事

ITエンジニアとは?ITエンジニアの仕事内容と年収 SE(システムエンジニア)とは?SEの仕事内容と年収 Linuxとは?インフラエンジニアの主力「Linuxエンジニア」になろう! ネットワークエンジニアとは?ネットワークエンジニアの仕事内容と将来性 セールスエンジニアとは?セールスエンジニアの仕事内容と年収 サーバーエンジニア(サーバーエンジニア)の仕事内容と年収 フロントエンドエンジニアとは?フロントエンジニアの仕事内容と年収 データベースエンジニアとは?データベースエンジニアの仕事内容と年収

関連ページ

無料体験・個別相談のお申込み

関連URL

基本情報技術者試験(IPA) 応用情報技術者試験(IPA) Java SE 8(Oracle) PHP技術者認定試験(一般社団法人PHP技術者認定機構) CCNA(Cisco) LPIC(LPI-Japan) ORACLE MASTER(Oracle) ネットワークスペシャリスト試験(IPA) Webクリエイター能力認定試験(サーティファイ) Web検定 Webプロデューサー試験(ボーンデジタル) マイクロソフト認定資格プログラム(MCP) HTML5プロフェッショナル認定試験(LPI-Japan) ウェブデザイン技能検定(特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会) データベーススペシャリスト試験(IPA) エンベデッドシステムスペシャリスト試験(IPA) Android技術者認定試験(一般社団法人IT職業能力支援機構Android技術者認定試験制度委員会)